2021年 6月 24日 (木)

博多大吉が対コロナで「弱音」 正直な感想に「安心します」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   きょう13日(2021年5月)のあさイチは、冒頭で「新型コロナウイルスは目からも感染する」という話題を取り上げた。

   ウイルスを大量に含む飛まつが目に入ると、鼻涙管(びるいかん)という管を通って鼻の奥に届き、その後喉の奥で増える。さらに口付近にある唾液腺で大量に増殖し、肺にまで到達するため、目から感染したコロナは重症化するリスクが高いのだという。

  • マスクだけでは…
    マスクだけでは…
  • マスクだけでは…

鈴木アナ「弱音も出しながら乗り越えていきたいですよね」

   浅井理アナウンサー「確実に守るとしたら、ゴーグルやフェイスシールドが必要になってくるわけです。メガネは隙間が空いているので、決して十分ではないということです。専門家の堀賢さんによると、目に入った飛まつはすぐに鼻涙管を通って鼻、喉へと流れてしまうのでどうしようもないということです。水洗いなども効果はほとんど期待できないそうです」

   改めて、マスクの着用の徹底、十分な換気、マスクができない場合は2メートル以上の距離を空けるという基本の感染対策が大事になるというわけだが、博多大吉キャスターは「朝からちょっとね、気が重くなるというか、これ言われたらどうしようもないよっていう...」と漏らした。

   大吉キャスターの発言について、視聴者からは「どのニュース見てても(コロナが)大切なことはわかるけど、滅入ることが多くて、それをそのまま口に出してもらえることに安心します」とのメールが寄せられた。

   大吉キャスター「ここまでやっても(対策しても)目から(感染する)って言われたら、どうしようもない面もあるし、自宅療養とかされている方で、コロナになっちゃった、周りに申し訳ないと思っていたら、そこまで申し訳なく思わなくていいと思うので、あんまりそんなこと考えずにゆっくりなさってください」

   鈴木奈穂子キャスター「みんなで弱音も出しながら乗り越えていきたいですよね」

(ピコ花子)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中