2021年 6月 14日 (月)

ロッテ清田クビに「ちょっとやり過ぎ」 橋下徹の「不倫」論点

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   24日(2021年5月)、「めざまし8」の発表した記事アクセスランキング(各種ニュースサイトやSNSからAIが集計)で1位になったのは「ロッテ清田 契約解除」のニュース。

   情報キャスターの小野寺結衣は「今朝の日刊スポーツ見出しには大きく『清田クビ』と出ています」と、一連の流れを説明した。

  • 番組公式ツイッターより
    番組公式ツイッターより
  • 番組公式ツイッターより

「球団ルールに反する行動を取っていた」

   外野手の清田育宏選手(35)は去年9月末からの札幌遠征中、新型コロナ対策で禁止されていた部外者との会食をしたと写真週刊誌『フライデー』に報じられ、その後1月15日付で内規違反と虚偽報告で無期限謹慎処分を受けていた。今月1日付で処分が解除され、2軍戦にも出場していたが、21日発売の『フライデー』で再び不倫疑惑が報道された。ロッテは、事実確認の結果、複数回にわたる不要不急の外出を確認。「球団ルールに反する行動を取っていた」として契約解除に至ったという。

   MCの谷原章介は「プロ野球選手が、不倫で契約を解除されたことというのはほか記憶にない。こういう特殊な仕事の人にもモラルが求められるようになってきたんですね」とコメント。

   弁護士の橋下徹は「球団の内部のルールですから、外部がとやかく言う問題ではないですが、一定限度を超えることに関しては日本全体の法律に照らし合わせないといけない。僕は、これはちょっとやり過ぎだと思います。不倫に関しては、家族の問題であって世間に対して謝ったり、世間に制約を課せられたりする問題ではない」と意見を述べた。

   谷原「確かに、子どもたちのお手本になるような立場ではある。でもこの判断によって経済的に困るのは奥さんやお子さん。そこが気になる点ではあります」

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中