2021年 6月 13日 (日)

イネカリ山田くん「月末に携帯代払えない」 「コロナ禍で困窮」の現実

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   きのう27日(2021年5月)、東京・渋谷区のハローワークに「めざまし8」のカメラが取材に入った。カメラが捉えたのは、長引く緊急事態宣言で困窮する人たちの声なき声だった。

   ハローワーク渋谷によると、現在1カ月に約3000人が相談に訪れるが、その半数以上がコロナ禍で職を失った人たちだという。東京商工リサーチによると、相次ぐ閉店で破綻した企業は1529件に上る。

   そんななか、相談に訪れていた元アパレル会社勤務の51歳女性は、2月にリストラされ、失業保険と貯金を使いながら職探しをしているという。1回の食事は3パック48円の納豆1パック程度で、1日の食費を300円程度に抑えて生活しているという。現在は、アパレルのみならず、飲食や介護の仕事まで含めて探しているが、いまだに次の仕事は決まらない。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより
  • 番組公式サイトより

永島優美「バイトができない現実は深刻です」

   元旅行代理店勤務の62歳男性は、事務職の仕事を希望しているが、20人の募集枠にはすでに38人が応募していたという。

   20代のアルバイト女性は「収入はバイト代だけ。だが、バイト先も4月25日から休業中で、今は仕事がない状態。今月の収入はゼロ。かなり厳しい状況だ」と言う。

   エンターテインメント業界にも緊急事態宣言の影響は出ている。北海道を拠点に活動する漫才コンビ「イネカリ」の「山田くん」は人気ゲーム「太鼓の達人」を得意とし、宣言前はゲームセンターでの仕事があったというが、イベント中止が相次ぎ芸人としての収入はゼロだという。「手持ちは6000円。借りたお金です」という山田くんの貯金残高は16円。商売道具の「太鼓の達人」のバチをSNSで売りに出した。「月末に携帯代を払えない」と言う。

   永島優美アナは「バイトができない現実は深刻です」とコメント。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中