2021年 6月 14日 (月)

尾身会長が「踏み込んだ」! 五輪開催めぐり谷原章介ビックリ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「東京オリンピックの開催は普通はない。仮に行うなら規模をできるだけ小さくすべきだ」と、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長がきのう2日(2021年6月)の衆院厚生労働委員会で述べた。

   「踏み込んだ発言ですね」と司会の谷原章介が3日の放送で驚きの表情を浮かべ、橋下徹弁護士(元大阪府知事、市長)のコメントを求めた。

  • 五輪開催をめぐり論議が絶えない
    五輪開催をめぐり論議が絶えない
  • 五輪開催をめぐり論議が絶えない

橋下徹「『やらないライン』を示す必要があります」

   橋本氏は「政治(政府)が『絶対にやる』しか言っていない。この状況ならできないという『やらないライン』を示す必要があります」と語り、国民が皆思っていることだとして政府に注文をつけた。

   谷原「尾身さんもそこを求めました。政府の発表を待ちたいと思います」

   そういう発表を政府がするだろうか、自分たちにまずいことには触れないで開催を強行するほうが政権維持しやすいと最後までダンマリのつもりではないのかという疑いが消えない。なんとか言ったらどうですか、菅首相?

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中