2021年 6月 14日 (月)

座って小用→「汚れや菌、増えやすい」 板倉朋希アナが紹介

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「ショーアップ↑」コーナーで板倉朋希アナが9日(2021年6月)に取り上げたのは、「トイレの三種の神器が消えていく」だった。かつては、家庭のトイレにはスリッパ、便器カバー、マットは必ずあったものだったが、最近はあまり使われなくなっているという。

  • トイレの「三種の神器」は消えゆく運命?(写真はイメージ)
    トイレの「三種の神器」は消えゆく運命?(写真はイメージ)
  • トイレの「三種の神器」は消えゆく運命?(写真はイメージ)

下着を上げ下げするので...

   司会の羽鳥慎一「スリッパはありますが、マットはありませんね」

   浜田敬子(「AERA」元編集長)「マットは衛生的にどうかなと思っているので、以前から使っていません。便器カバーも、いまはウォッシュレットで便器も温かいですからねえ」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「冬の間だけマット使います。足が冷たいんだもの。かつては立って小用をしてたけど、いまは座ってるから、あまり汚れないですよ」

   板倉「ライオンLideaの調査によると、スリッパがあるというのは57.8 %、ないは42.2%。マットはある47.6%、ない52.4%。便器カバーはあるが33.3%、ない66.7%でした。ただ、玉川さんは座って小用をたすとおっしゃってましたが、実はかえって汚れや菌は増えやすいんです」

   下着を上げ下げするので、落ちた繊維くずが雑菌のすみかになるからだ。同様に、マットも菌の温床になりやすいという。

   板倉は「こまめに掃除・洗濯をしてください」と何度も繰り返したが、トイレ掃除には「ライオン」の製品をお使いくださいということだったのかな。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中