2021年 8月 2日 (月)

ギャル曽根「『世界一』を超えている」 四日市「熊猫飯店」の麻婆豆腐に大興奮

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   <テレビで読む グルメ・食事> 全国津々浦々の土地の魅力とともに、地元の名産品を使ったおいしいグルメを紹介する「バナナマンのせっかくグルメ!!」(TBS系)。6月13日(2021年)の放送の2時間SPで、大食いタレントのギャル曽根さんが大絶賛の上、おかわりまでしてしまったのが三重県四日市市の町中華「熊猫飯店」の麻婆豆腐(税込み900円)だ。

   創業10年ながら、あの「ミシュランガイド」に「ビブグルマン」として掲載された実力派。ビブグルマンとは、「従来の星の評価からは外れるものの、安くてオススメできる店舗に与えられる印」(weblio辞書)だ。

   番組では、四川料理の老舗名店「重慶飯店」で修業した中華料理歴23年の店主・堀勝雄さん(46歳)が、四日市市民に「世界一」と大人気の四川料理「麻婆豆腐」の秘伝の作り方を披露した。

  • 「バナナマンのせっかくグルメ!!」&「バナナマンの早起きせっかくグルメ!!」公式ツイッター(@sekkaku_tbs)より
    「バナナマンのせっかくグルメ!!」&「バナナマンの早起きせっかくグルメ!!」公式ツイッター(@sekkaku_tbs)より
  • 「バナナマンのせっかくグルメ!!」&「バナナマンの早起きせっかくグルメ!!」公式ツイッター(@sekkaku_tbs)より

あっという間に2人前を完食した

   その作り方とは......(1)中華鍋で国産豚の挽き肉を日本酒で30分コトコトと煮込んでウマ味とコクを引き出す(2)その挽き肉を醤油と甜麺醤で味付けし30分炒める(3)炒めた挽き肉にニンニクと豆板醤が入ったピリ辛の麻婆ソースを絡める(4)豆腐と鶏ガラの中華スープを加えて煮立てる(5)器に盛り、本場・中国から仕入れた山椒を振りかければ完成だ!

   「山椒の香りが鼻を抜け、麻婆豆腐のウマ味とコクがすごい!」「世界一と聞いてきたけど、それを超えている」と大興奮のギャル曽根さんに、堀さんは「そこまで大袈裟なものでは......」と謙遜。それでもギャル曽根さんは「ウマ辛だから、もう一口、もう一口と止まらなくなる」と、あっという間に2人前を完食した。

   最初に挽き肉に下味をつけるのに計1時間の手間暇をかけるのが、おいしさの秘密だ。

(寒山)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中