2021年 7月 31日 (土)

巨大ザメ、なぜか東京湾に 永島優美「クジラみたいな感じで、すてき」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   千葉県館山市の港近くにおととい15日(2021年6月)夜、「幻の巨大ザメ」といわれるメガマウスが出現した。岸壁すぐそばの海面付近をゆったりと泳ぐ映像に、司会の谷原章介も「なぜか東京湾に現れているんです。地元は大騒ぎです」とびっくりだ。

   映像には「うわー、上がって来た」「潜った」の声がまじる。地元の男性は「きのうも見た。ジンベイザメかと思った」「体長4メートルか5メートルあり、こんなにでかいんだよ」と両手を広げて話してくれた。映像を見たさかなクンは「ウアー、すギョい」

   メガマウスは、熱帯から温帯の深海200メートル付近に生息し、7メートルを超すものもいる。生態はよくわからないが、人を襲うことはないそうだ。発見例は世界で200ほどという。館山では2017年に定置網で捕獲されたが、今回のように陸に近いのは初めてだ。

   動物研究家のパンク町田さんは「こんな浅いところに本来なら来るはずがない。奇跡中の奇跡だ」という。夜間に餌を追って上がってくるという説もある。

   谷原「おとなしいサメなんですね。安全に返ってくれるといいですね」

   キャスターの永島優美アナウンサー「クジラみたいな感じで、すてきです」

(あっちゃん)

  • 海の神秘
    海の神秘
  • 海の神秘
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中