2021年 7月 27日 (火)

谷原章介「水際対策、十分でしょうか」 ウガンダ選手団1人陽性で論議

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「やはり、心配された事態が起きた」。きょう21日(2021年6月)、「めざまし8」はそう指摘した。19日に来日したウガンダ選手団9人の中の1人が空港内のPCR検査で陽性と確認された。来日した海外チームから感染者が出たのは初めてだ。政府によると、ウガンダの選手団はアストラゼネカのワクチンを2回接種し、出国直前の検査による陰性証明書も提出されていた。

   司会の谷原章介「水際対策、十分でしょうか」

   情報キャスターの西岡孝洋が説明する。「おととい午後6時前に成田空港に到着、空港内で抗原検査をしたところ、1人が陰性にならなかった。PCR検査で陽性と判明、いま検疫所指定のホテルに隔離されています。他の選手団はバスで移動、きのう20日、大阪府泉佐野市のホテルに到着しました。きょうから練習予定でしたが1週間、ホテルで隔離、毎日のPCR検査など、感染対策を行うことになりました」

  • 五輪選手団の入国とコロナ感染対策に注目が集まっている
    五輪選手団の入国とコロナ感染対策に注目が集まっている
  • 五輪選手団の入国とコロナ感染対策に注目が集まっている

「水際で見つけた」評価も

   谷原「アストラゼネカ、2回接種しても陽性者が出たんですね」

   昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師「いろんな変異ウイルスに対してどれくらい効果があるのか、少し未知数なところもあります。いま、アフリカの南部はすごく感染が拡大しています。これがどういうウイルスか情報がないんです。それともうひとつ、検査。PCR検査とはいえ、偽陰性があります。ワクチン接種したから、検査したからといっても100%とは保証できないという、いい例です」

   谷原「政府はどう捉えているのでしょうか」

   田﨑史郎(政治ジャーナリスト)「これは水際で見つけたという評価だと思います。あれ以上、相手国に要求するのは難しいと思います」

   東京五輪まであと1カ月少々、まだまだ課題がありそうだ。

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中