2021年 8月 4日 (水)

夏目三久「『急激な変化』とはどういう状況?」 不透明な五輪観客見直し条件

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「東京オリンピックの観客の上限について、収容人数の50%以内で、最大1万人までとすることが決定しました。この上限によって、販売済みのチケットの一部が再抽選されることになり、91万枚が無効となります」と司会の夏目三久。

   続けて日比麻音子アナが、「一方、大会組織委員会は7月12日(2021年)以降、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出された場合、無観客での開催を検討していることを明らかにしました」と伝えた。

  • 五輪観客数の上限など巡り議論が続いている
    五輪観客数の上限など巡り議論が続いている
  • 五輪観客数の上限など巡り議論が続いている

「別枠」に「抜け道みたいな」

   6月22日の「あさチャン!」が報じたのは、IOCや東京都、組織委員会など東京五輪関連の組織のトップが集った「5者協議」での決定事項だが、上限には「別枠」もある。IOCやスポンサーなどの関係者、さらに90万人の児童・生徒らは観客に含まないというのだ。

   この決定に街の人たちからは「なし崩しにしているみたいで何だかすっきりしない」(70代女性)、「(スポンサーや関係者は)確かに観客ではないのかも知れないが、人は人。抜け道みたいな(感じがする)」(20代男性)などという疑問の声が。

   そして、観客数の制限で発生するのがチケットの再抽選の問題だ。91万枚を間引く必要があり、当選者の中で再度抽選が行われるというが...。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中