2024年 3月 2日 (土)

ごみ屋敷→行政代執行でキレイに→ごみ屋敷に逆戻り 「めざまし8」で「心のケア」の大切さ指摘

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

武井壮「相手に寄り添って、話を聞くことで...」

   谷原「記者にも答えず、なぜ、こんなにごみを集めるのでしょうか」

   永島優美アナ「近所の人も諦めている状況ですね」

   ごみ屋敷などに詳しい明星大学心理学部の藤井靖准教授は繰り返す理由について、(1)約半数が精神疾患や認知症を抱え、同時に孤独からセルフネグレクト状態になっている(2)ごみを宝物だと考えている人が多い。ごみを収集し手もとに置くことが心を満たす手段になっている、といい、心のケアが大切だという。

   以前、番組でごみ問題に取り組んだ武井壮(タレント)「相手に寄り添って、話を聞くことで解決することが多いのではと思っています」

   谷原「現代社会の縮図みたいなところもあるので、地方自治体の域を超えており、国としても対策を考えてほしいですね」

(一ツ石)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中