2021年 7月 31日 (土)

香港「リンゴ日報」ついに廃刊! 「最後一期」「雨の中 悲しい別れ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   香港で民主派支持を打ち出す唯一の新聞「リンゴ日報(アップルデーリー)」が廃刊を決め、きのう23日(2021年6月)夜、最後の編集作業が行われた。「リンゴ日報に何があったのでしょうか」と永島優美アナウンサーが問いかける。きょう24日発売の一面は、「最後一期」の文字とともに「香港人と雨の中悲しい別れ」と掲載した。

  • 中国の締め付けに香港の「自由」はどこへ…
    中国の締め付けに香港の「自由」はどこへ…
  • 中国の締め付けに香港の「自由」はどこへ…

強まる中国の圧力、谷原「香港に親戚もいる。すごく心配」

   民主化を求める香港市民の動きを報じてきた同紙には、中国政府や当局の圧力が強まる一方で、創業者や編集幹部が国家安全維持法違反の疑いで逮捕されてきた。「外国勢力と結託」とされたが、ものを言う自由を求めただけではないか。きのうは楊清奇主筆までが逮捕された。会社資産も凍結され、完全な言論弾圧状態。中国の締め付けにより、香港の自由が強制的に握りつぶされた形だ。

   司会の谷原章介「生まれてからしばらく香港に滞在していたことがあります。親せきもいて、すごく心配です」

   リンゴ日報にノーベル平和賞でも贈って支援する手はないものか。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中