2021年 7月 28日 (水)

デルタプラスへの懸念 インド発情報の「脅威」と「不明な点」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   デルタ株への変異、感染拡大が心配されるなか、さらに強い感染力が疑われる「デルタプラス」がインドや英国で出現、ほかにも9カ国で確認された問題を28日(2021年6月)のスッキリが取り上げた。

  • ワクチン接種は進んでいるが…
    ワクチン接種は進んでいるが…
  • ワクチン接種は進んでいるが…

インド保健当局は「懸念される変異株」に指定

   「デルタプラス」は、インド政府によると、インド国内で約40人、英国で41人の感染が確認された。現地の医科大学では「デルタプラスの患者の隣を、マスクなしで歩いただけでも、感染が拡大する可能性がある」。インド保健当局は「懸念される変異株」に指定、警戒を呼び掛けている。

   ただ、日本感染症学会の水野泰孝・指導医は「(現地医科大の)言葉だけを、うのみにしてはいけない」と注意する。「患者も、隣を歩いた人もマスクをしていなかったのか、互いの距離はどの程度か。しっかりとした不織布マスクをお互いにしていれば、感染のリスクはかなり軽減される。それは変異株でも同じだ」。「一人がどのくらいうつすのか、病原性が強くなっているのか、まだ、あまり分かっていないところがある」。

   東京都の感染者数は、先週1週間、その前週よりも増え続けた。直近7日間平均で477.4人(27日現在、前週比123%)だった。これについて水野指導医は、「先週の増加は、緊急事態宣言が解除される前の状況を反映している。解除された後でさらに人が増えたり、飲食の機会が増えているので、今週1週間の増加傾向、下がる要因はあまりないのですが、どのくらい深刻になるのかを、ある程度把握できると考えている」と警告を発している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中