2021年 7月 28日 (水)

オーストラリアのコロナ状況に異変 ロックダウンとデルタ株の関係

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナの感染を抑え込んでいたと思われたオーストラリアだが、一昨日(2021年6月27日) の新規感染者が今年最多の44人となるなど、再び感染拡大傾向がみられている。29日の「モーニングショー」が詳報した。

   背景には、従来に比べて1.95倍の感染力があるとされるデルタ型(インド株)がある。シドニーで30人のデルタ型感染が判明したニューサウスェールズ州は、州首相が「今後数日のうちに感染者が増えると予想している」とコメント。26日の土曜日から2週間のロックダウンを行う。

  • コロナ情勢が変化している国も
    コロナ情勢が変化している国も
  • コロナ情勢が変化している国も

ショッピングモールで何が?

   感染のきっかけは国際線乗務員を運ぶリムジンの60代男性運転手。この男性は16日にデルタがの感染が確認されたが、その4日前にショッピングモールを訪れていて、そこでの関連感染は昨日時点で124人確認されている。

   この男性と同時刻にカフェに滞在していた70代女性も感染が確認されているが、男性は店内、女性が屋外テラスという状況だった。

   同時刻にショッピングモールに滞在していた50代男性も感染したが、防犯カメラをみると2人は10センチから60センチの距離ですれ違っただけだった。

   ニューサウスウェールズ州では、今月12日、13日にショッピングモールを訪れた客全員を検査するとしている。

   注意すべき変異株はデルタ型だけではない。去年8月にペルーで確認されたラムダ型は、抗体による中和を受けにくくなる可能性もあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中