2021年 9月 28日 (火)

「子煩悩でファウル」ルールも 博多大吉・華丸、ゆるスポーツ「ベビーバスケ」に挑戦

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2日(2021年7月)の「あさイチ」プレミアムトークのゲストは「世界ゆるスポーツ協会」代表の澤田智洋さん。広告代理店に勤めながら、スポーツ、広告、福祉などの分野で活躍している。

  • いわゆるスポーツではなく…(写真はイメージ)
    いわゆるスポーツではなく…(写真はイメージ)
  • いわゆるスポーツではなく…(写真はイメージ)

澤田代表「スポーツの方が悪いんじゃないかと...」

   ゆるスポーツとは年齢、性別、運動神経に関わらず、そして障害のあるなしも乗り越えてだれもが楽しめる新スポーツだ。専用のウェアを装着し、イモムシになり切ってプレイする「イモムシラグビー」や、オンラインで眉毛を上下する回数を競い合う「まゆげリフティング」など、種目は100以上にのぼる。

   実はスポーツが苦手だという澤田さん。「成人した日本人の40%くらいの人が日常的にスポーツをしていない。それだけ大勢の人がスポーツできてないってことは、スポーツの方が悪いんじゃないかと思った。足が速いとか、力が強いとか、背が高いとかいう人向けにスポーツは作られていて、それがズルいなぁみたいな」と、ゆるスポーツを生み出したきっかけを話した。

   そしてもう1つ。先天性の視覚障害を持つ8歳の息子さんへの思いもある。「彼は全盲なのですが、彼と運動音痴な親父が2人で公園に行くと、できるスポーツがないんです。でもやっぱり、それってスポーツの責任じゃないかと。スポーツへの逆切れじゃないですけど。それで、誰でもできるスポーツを考えようと思った」と澤田さん。

   スタジオでは「ベビーバスケ」という種目に注目。荒く扱うと赤ちゃんの泣き声を出すボールを使い、泣かせたら反則。落とすなんてもってのほか!...というゲームで、やさしくゆりかごまで運んだら加点できるというルールだ。

「ナイスベビー!」

   スタジオでは博多大吉・華丸両キャスターがボールパスに挑戦。「そもそも、赤ちゃんだと思うと投げにくいです」と恐る恐るボールを投げた華丸キャスター。大吉キャスターがキャッチすると...。

ボール「...えーん、えーん!」
大吉キャスター「(ボールをあやしながら)どうしたの?どうしたの?だいじょぶ、だいじょぶ...」
華丸キャスター「腕時計に当たったんだよ。自覚がないよ!」

...と、まるで新米パパママのようなやり取りに。その後、2人がパスを成功させると、澤田さんが「ナイスベビー!」。鈴木奈穂子キャスターはホッとしたように拍手を送った。

   ちなみに、試合の中では3秒以上ボールを持っていたら「過保護」、3歩以上歩くと「子煩悩」でファウルになるそうだ。

   華丸キャスター「逆に1秒くらいで投げて『巣立ち!』みたいなルールはどうですか」

   澤田さん「検討します(笑)」

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中