2021年 7月 31日 (土)

ガソリン高値で「コロナとダブルパンチ」 「あさチャン!」が伝えた「ワクチン」との関係

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ガソリンの値上がりが止まりません」とMCの夏目三久は切り出し、「昨日(2021年7月14日)発表されたレギュラーガソリンの小売価格は全国平均で1リットル158円。6週連続の値上がりで、2年8カ月ぶりの高値水準となりました。これには新型コロナワクチンがかかわっているということなのですが、いったいどういうことでしょう?」と話した。

  • ガソリン価格の動向に注目が集まる(写真はイメージ)
    ガソリン価格の動向に注目が集まる(写真はイメージ)
  • ガソリン価格の動向に注目が集まる(写真はイメージ)

「500円くらいだったのが今は700円」の声も

   14日、都内のガソリンスタンドのレギュラーガソリンの価格は1リットル160円。高いところでは165円という店もあった。利用客は「すごく高くて大変」「5~10リットルしか入れない」などと高値に苦しんでいる様子。ガソリンスタンド店は「レギュラーは半年で20円くらい上がっている。コロナ禍でガソリンもそんなに売れない中、価格が高いのは苦しい」と嘆く。

   世界的な景気の落ち込みで、去年は原油価格が暴落し、去年5月にはガソリン価格も1リットル120円台まで落ち込んだ。しかしその後、ガソリン価格は上昇に転じ、3月には149円70銭と約30円上がっていた。

   デリバリー業者は「1日1回ガソリンを入れますが、500円くらいだったのが今は700円」、個人タクシー運転手は「キツイのひと言。これだけ値上げされちゃね。泣きの涙といっていい。コロナとダブルパンチですよ」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中