2021年 7月 27日 (火)

大雨で「地下鉄乗客の胸まで水」映像 永島優美「あの高さまで水がくるなんて」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ドイツとベルギーを襲った洪水の死者が200人を超えたと、21日(2021年7月)の「めざまし8」でアナウンサー役の小野寺結衣が伝えた。ドイツ政府は「多くの橋が破壊され、復旧には数カ月かかる」としている。

  • 海外の大雨被害が報告されている(写真はイメージ)
    海外の大雨被害が報告されている(写真はイメージ)
  • 海外の大雨被害が報告されている(写真はイメージ)

中国で「地下鉄車内の乗客」救出劇も

   この水害で新型コロナウイルスの感染再拡大を懸念の声も上がる。ドイツ政府はワクチン接種やPCR検査ができる専用バスを派遣すると発表した。

   中国からは、水に胸までつかった人たちの映像がとどいた。「実はこれ、地下鉄の車内なんです」と永島優美アナウンサーが驚きを語る。

   河南省鄭州市で撮られ、SNSに流れた映像。3日間で600ミリと、年間降水量に匹敵する雨が降ったという。水は地下鉄のホームまであふれ、水につかった車内に乗客が取り残された。消防隊員が車両の屋根に穴をあけて救出したそうだ。

   長岡義博(ニューズウィーク日本版編集長)「普段は乾燥して、大きな雨がない所だから、排水施設が整備されていない。浸水はしょっちゅう起きているが、これは驚きました」

   永島「あの高さまで水がくるなんて」

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中