2021年 9月 22日 (水)

入江聖奈の礼儀正しさにびっくり! 金メダル取った日に「お辞儀・会釈」67回(めざまし8調べ)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京オリンピック・ボクシング女子で金メダルとなったフェザー級の入江聖奈選手は、いつもニコニコと笑顔で人気だけれど、「めざまし8」は彼女の「ある行動」がもう一つの魅力だと取り上げた。なんだろう?

   「どんな時も礼儀正しいのです」と情報キャスターの堀池亮介アナが報告した。リングに上がるときは必ず一礼、下りるときも一礼、試合中もレフェリーから注意を受けると、「はい!」と大きな声で返事をする。

  • 「ボクシングしている女の子」のイメージを…と意識していた
    「ボクシングしている女の子」のイメージを…と意識していた
  • 「ボクシングしている女の子」のイメージを…と意識していた

「野蛮というイメージを払拭できたら」

   控室でも、運営スタッフらから記念写真を求められると快く応じて、「ありがとうございました」と深々と頭を下げる。スタッフの方が恐縮してしまう素直さだ。「めざまし8」が数えたところ、金メダルを取ったきのう3日(2021年8月)は、お辞儀や会釈は67回になったという。

   なぜ、こんなに腰が低いのか。その説明がまた素敵だった。「ボクシングしている女の子って聞くと、ちょっと凶暴で、オラオラ系っていうんですかね、気性が荒い方を想像しちゃうかもしれないですけど、野蛮というイメージを払拭できたらうれしいなと思います」

   表彰式後に会場を去るときも、「サンキュー、ベリー・サンキュー」と大きく手を振った。コメンテーターの福田麻貴(「3時のヒロイン」)は、「ベリー・サンキューって、オリンピック史上に残る名言になるかもしれないですね」と笑う。

   入江は日本体育大で心理学のゼミに所属していて、「有終の美で終わりたいというのが強くありまして、大学いっぱいでボクシングはやめるつもり」だという。

   これから就活ということだが、子どものころからカエルが大好きで、「ジャイ子」と名付けたツノガエルをペットにしている。「カエル関連で就職できたらいいんですけど、ネットで探しても見つからないので、ゲームも好きなのでゲーム会社に就職できたらと思います」と話している。いや、日本中の会社が「あんな社員が欲しい」と引く手あまただと思うよ。もっとも、カエル関連の会社って、あるのかなあ。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中