2021年 9月 20日 (月)

菅波先生が「過去の挫折」告白 百音はビックリ、そして2人は... 【おかえりモネ 第13週の見どころ】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   永浦百音(清原果耶)は朝岡覚(西島秀俊)と共に、車いすマラソン選手の鮫島祐希(菅原小春)をサポートすることになった。サポートチームには神野マリアンナ莉子(今井美桜)と内田衛(清水尋也)もいる。

   鮫島の弱点は「暑さに弱い体質」。百音たちは、来月の車いすマラソンの強化選手選考会に向け、対策を練り始めた。鮫島の暑熱対策と体質改善のため、助っ人として医師の菅波光太朗(坂口健太郎)も参加する。

  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
    NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより

車いすマラソン選手の強化にチームで取り組む

   菅波は、医学的な観点から鮫島の弱点について調査。「暑さに弱いのは、競技中に深部体温が上がってしまうからでは?」と考えた。そこで菅波が提案したのは、細かく砕いた氷を飲みながら走ってみることだ。効果が出て、鮫島のタイムは順調に伸びていく。

   同じころ、百音は21歳の誕生日を迎えた。下宿先の「汐見湯」に、鮫島やチームのみんなが集まり、誕生日会が盛り上がる。

   その後、鮫島がスランプに陥る。これまでのレースをもう1度検証し直した百音は「強い風が吹くと強い」という事に気付く。

   選考会直前、百音たちは鮫島の「風に強い」そして「負けず嫌い」という特徴を生かした新たなプランを立て始める。

   そして選考会当日。鮫島は、暑さに苦しみながらも無事完走する。

   その数日後、百音は菅波の口から、過去に大きな挫折をしたことを打ち明けられる。菅波が挫折とは無縁だと思っていた百音は驚く。そして菅波のこの告白をきっかけに、2人の距離はさらに縮まるのだった。(NHK総合)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中