2021年 9月 19日 (日)

子供のパラ観戦、参加派と不参加派 それぞれの理由とは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京パラリンピックが今日24日(2021年8月)から始まる。子ども世代のウイルス感染が急拡大するなか、競技会場がある1都3県が「無観客」の例外として小中学生に観戦させるプログラムをめぐり、保護者や教師に不安が広がっている問題を「あさチャン!」が取り上げた。

  • 児童・生徒のパラリンピック観戦めぐり論議
    児童・生徒のパラリンピック観戦めぐり論議
  • 児童・生徒のパラリンピック観戦めぐり論議

事前検査を検討

   「学校連携観戦プログラム」では、18日の時点で最大13万2000人の児童・生徒が観戦予定と東京都は公表したが、新型コロナウイルス感染が急拡大していることもあって参加辞退が相次いでいる。こうした状況を踏まえ、東京都は23日になって、参加者に新型コロナウイルスの事前検査を検討していることを明らかにした。

   児童らの観戦については、19日の参院内閣委員会(閉会中審査)で、政府分科会の尾身茂会長は、「(感染)状況はかなり悪い。観客を入れるのはどういうことか。考えていただければ当然の結論になると思う」と否定的な見解を示した。

   18日の東京都の教育委員会でも、出席した4人の委員は「テレビ観戦でも教育上の効果はある」などと全員が反対した。これに対し、小池百合子都知事は、「子どもたちがパラスポーツをどうやって楽しむか、学ぶ機会を作って参りました」。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は「何としても学校連携は実現したい」と強行する姿勢を変えていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中