2021年 9月 19日 (日)

身長サバ読み話がまさかの感動ストーリーに!? 元西武・水口大地の努力と活躍

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   8月30日(2021年)放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に、元プロ野球選手の水口大地さんが出演した。

   水口さんは高校卒業後の2008年、四国・九州の独立リーグに所属していた長崎セインツに入団。12年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズに育成1巡目で指名され、20年に現役を引退した。

  • テレビ朝日の「テレ朝POST」サイト(激レアさんを連れてきた。)より
    テレビ朝日の「テレ朝POST」サイト(激レアさんを連れてきた。)より
  • テレビ朝日の「テレ朝POST」サイト(激レアさんを連れてきた。)より

「意外とバレなくて」

   そんな水口さんだが、「本当は身長163センチなのに、ひたすらサバ読み続けてきた元プロ野球選手」として番組に登場。「高校生の時からずっとサバ読んではいるんですけど、MAXで175センチまで行きました」と告白する水口さんに、レギュラーの若林正恭さん(オードリー)は「絶対ムリよ!強調しちゃうよ、163を逆に」と笑った。

   高校で野球部に所属していた水口さんは、高1の冬に身長が163センチで止まったという。サバ読みのきっかけとなったのは、高2の夏の大会前のアンケート調査だった。

   水口さん「試合がテレビ中継であるんですけど、そこに身長と体重が出るんですよ。それをもしかしたらスカウトの方が見てるかもしれないとかいろいろ思いながら」

   アンケートに172センチと記入したのが通用してしまい、高3の夏にはさらに高くサバ読んで175センチと記入。

   水口さん「さすがにバレるのかなと思ったんですけど、大きい人たちってあんまり小さい人の身長を見ないので、意外とバレなくて。逆に(身長が)近い人たちにはバレてましたけど」

   野球部引退後、同じ県の別の高校に通っていた、元巨人の土田瑞起さんから「卒業したら一緒に長崎セインツ行こうぜ」と言われ同球団に入団。ドラマ「ROOKIES」(2008年放送)に出演していた市原隼人さんの影響で、「真剣に野球やったらかっこいいんじゃないか、モテるんじゃないかな」と思ったこともあり、入団時には市原さんと同じ身長の171センチと申告したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中