2021年 9月 23日 (木)

町田啓太、「耳が大きい」と過去にコンプレックス 博多大吉「顔がちっこいだけじゃ?」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   10日(2021年9月)の「あさイチ」プレミアムトークのゲストは俳優の町田啓太さん(31)。大河ドラマ「青天を衝け」では新選組副長・土方歳三を熱演しているが、その芝居の評価は高く、ツイッターで「町田啓太」「土方さん」などのワードがトレンド入りしたほどだ。

   高校時代にはダンス部に所属し、発表会には100人の出待ちの列ができるほどモテモテだったという町田さんだが、容姿にはずっとコンプレックスがあったそうだ。

   博多大吉キャスター「どの角度から見ても整ったお顔立ちですが...」

   町田さん「まず1つは耳。耳が大きくて」

   大吉キャスター「耳が大きいというか、顔がちっこいだけじゃないですか?」

   町田さん「幼少期は本当にそれがコンプレックスで、髪を伸ばして耳を隠していたんです」

  • 町田啓太さん(写真:2018 TIFF/アフロ)
    町田啓太さん(写真:2018 TIFF/アフロ)
  • 町田啓太さん(写真:2018 TIFF/アフロ)

華丸「切り替えが早い」

   番組が家族に取材したところ、「縄跳びの二重跳びがなかなかできなかった時、啓太は『この耳がジャマなんだよ!』と言っていた」(母親)、「耳が出るのイヤで、おばあちゃんに髪を切ってもらうのを拒否していた」(姉)など、そのコンプレックスは相当なものだったらしい。

   鈴木奈穂子キャスター「もう1つ、お母様から情報いただいています。中学の野球部で、みんなが気合で坊主になった時、『気合で試合には勝てない!』とか言って坊主になりませんでした...と」

   もう1つのコンプレックスは眉毛が太くて濃いこと。高校時代には抜いたり剃ったりして、流行りの細眉にしていたそうだ。当時の写真を見た町田さんは「よくこんなに細くしたな...」と当時の自分にひと言。「あんなに抜いていたのに、よくまた生えてきたと思う」と笑った。

   コンプレックス解消のきっかけは、あえてさらけ出したことで見えた周りの反応だそう。 町田さん「ナチュラルな眉毛もけっこう高評価で、『自分のコンプレックスに思っていることって、自分の色として強みにもなるんだな』と思えた瞬間に楽になりました。今は大事に手入れしています」

   博多華丸キャスター「主張が強い割には、けっこう流されやすいですね。切り替えが早い」

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中