2021年 10月 23日 (土)

溝端淳平に「関西弁で話して!」 「やりまっせ(棒読み)」レベルだった理由

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   16日(2021年9月)の「あさイチ」、「みんなでシェア旅」は和歌山県。ゲストは同県出身の俳優、溝端淳平さん(32)だった。

   冒頭、「淳平さんの地元の特集なので、ぜひ今日は関西弁でもお話してください」と視聴者からのリクエストが紹介された。

   溝端さん「頑張ります。えー、しゃかりき...(固まる)」

   鈴木奈穂子キャスター「え?『しゃかりき』って関西弁なんですか?」

   博多大吉キャスター「やってくれま...へんか?」

   溝端さん「やりまっせ(棒読み)。すみません。意識するとへたくそになっちゃいます」

  • 溝端淳平さん(2016年撮影)
    溝端淳平さん(2016年撮影)
  • 溝端淳平さん(2016年撮影)

博多華丸「せっかちだなあ」

   そして「シェア旅」中盤、NHK和歌山の押尾駿吾アナが「この方、昼夜で華麗な変身をとげちゃうんです」と紹介したのは、和歌山のハーブ農家の石郷岡大助さん。およそ30種類のハーブを肥料や無農を使わず育てていて、予約待ちになるほどの人気だそうだ。

   そんな石郷岡さんは、夜になるとドラァグクイーン「ルルデイジー」に変身。きらびやかな衣装とメイクをまとい、舞台で歌やダンスを披露している。

   「仕事上、夜更かしも多いので、身体に負担をかけている。自分のところで採れた野菜を口にしたり、ハーブをたしなんだり、香りを楽しんだりして健やかになった気がする」と石郷岡さんは話す。

   溝端さんは、石郷岡さんの変身ぶりに「まさかの二足の草鞋!」と驚いた様子だ。

   スタジオでは、溝端さんと華丸・大吉キャスターが、手作りハーブスプレーをマスクに吹きかけて付けて香りを楽しんだ。

   押尾アナ「肌が弱い方はアルコールに負けてしまうこともありますので、マスクの外側に吹きかけてください」

   溝端さん「危ない。内側にかけるところだった」

   押尾アナ「2プッシュくらいです」

   溝端さん「すみません。4プッシュしました」

   博多華丸キャスター「せっかちだなあ」

   マスクを着用した3人は、「わあ!いい香り」「鼻の通りが良くなる感じ」「さわやか」と感動した様子。

   スプレーの量に関しては「4プッシュでちょうどよい」という溝端さんと、「2では足りないと思って4にしてみたけど、今ちょっとキツイです」という大吉キャスターで意見が分かれていた。

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中