2021年 10月 20日 (水)

菜津(マイコ)の言葉に涙 百音&菅波を「見守ってくれてありがとう」 【おかえりモネ】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   <朝ドラ 今週の山場は?> 9月21日(2021年)には、明日美(恒松祐里)からモネに電話が入り、実家の牡蠣棚が崩れたことを知る百音(清原果耶)。百音は急いで島の家族に電話するが誰も電話に出ない。そこへ妹のみーちゃん(蒔田彩珠)からLINEで大丈夫だと連絡がきた。

   しかし百音は「大丈夫のはずがない」と慌てるばかり。そんな心配で焦る百音に、菅波先生(坂口健太郎)は「落ち着いて。心配なら自分の目で確かめて、あなたにも出来ることをしてくればいい。今日中には島にはつきます。また言うの?あの時いなかったって。もう無力ではないでしょ」と説き伏せる。うなずく百音に「一緒に行こうか?」と聞くと、百音は「一人で行きたい」とはっきり返答した。

  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
    NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより

2人の成長ぶりにも注目

   これまでの百音ちゃんは、モジモジ、モタモタしていたと思うが、この時の百音は、意思のはっきりした大人の女性らしい目で訴えた。そればかりか菅波先生も百音の強い返答に対して、少し微笑んでうなずき、背中を押すような視線。2人はいつのまにか一気に成長したようだった。「本当に、本っ当に、良い関係だなぁ」「菅波先生に一緒に行こうか?と言われたら私だったらついてきてもらっちゃうかも」「百音ちゃんえらいな」など視聴者の反響も大きかった。

   また、そんな2人の様子を見ていた菜津さん(マイコ)が、「言い過ぎた」という菅波先生に対し「先生だから言えるんだし。だからモネちゃんも動くんじゃない。とってもいい関係よ」と冷静に伝えた。菜津さんの立場から2人を見守る優しい視線に感涙。「菜津さんの言う通り、モネに寄り添ってこの言葉を言ってあげられるのって菅波先生だけなんだよね」「菜津さんの言葉に涙。ほんと、いい関係だよね。菜津さん、いつも見守ってくれてありがとう」などのネットの声も。

   前日に「結婚したいと思っている」と百音に伝えた菅波先生ということもあり、大人の男性に成長した証のようにも感じた展開だった。一方、一人で島へ向かった百音だが、温かく家族に迎えられる。いよいよ気仙沼に帰って気象予報士として地域に貢献する決心をする。もっと大人に成長するモネちゃんに期待だ。

(Y・U)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中