2021年 10月 21日 (木)

TBS安住アナの「宏池会」解説 岸田首相誕生と権力闘争の関係

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   昨日4日(2021年10月)、自民党の岸田文雄総裁(64)が首相指名選挙で第100代総理大臣に指名された。

   岸田新内閣の顔ぶれだが、20人中13人が新入閣。新型コロナ対策を担う3大臣は堀内詔子ワクチン担当相(55)、後藤茂之厚労相(65)、山際大志郎経済再生相(53)と全員が初入閣。新設の経済安全保障大臣には小林鷹之氏(46)、デジタル相には牧島かれん氏(44)と当選3回の若手も登用した。このように一見若手起用が目立っているように見える岸田内閣だが、実は平均年齢は61.8歳と発足時の菅内閣より1歳以上高い。

  • 岸田文雄氏
    岸田文雄氏
  • 岸田文雄氏

「新時代共創内閣」

   政治評論家の伊藤惇夫氏は「フレッシュではあるけれどインパクトがない。新鮮でも薄味内閣」と評している。

   岸田新総理は、「ワクチン接種」「医療体制確保」「検査の拡充」などコロナ対策のほか、「成長と分配の好循環による新たな資本主義の構築」を目指し、自らの内閣を「新時代共創内閣」と名付けているが、野党からは「表紙しか変わらない自公政権では命と暮らしは守れない」(立憲民主党の枝野幸男代表)など厳しい声が。

   岸田総理は衆議院を14日に解散。19日公示、31日投開票の日程で衆院選を行う方針を表明しているが、日本共産党の志位和夫委員長は「議論を封殺したまま選挙」と批判する。

   5日の「THE TIME,」では、スタジオに歴代総理大臣の顔ぶれがずらりと並んだパネルを用意した。

   司会の安住紳一郎「杉山さんの世代はどの総理大臣から知っていますか?」

   杉山真也アナウンサー「私は30代ですが、竹下さん、中曽根さんあたりですかね」

   安住紳一郎「私は48歳ですが、大平正芳さんからなんとなく記憶にあります」

   宇賀神メグアナウンサー「私は小泉純一郎総理が大宮に演説に来たのを覚えています。小学生でした」

   安住紳一郎「小泉さんの前は知らないんだ。話が通じないわけだよね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中