2021年 10月 23日 (土)

香川照之は危うく大けが⁉ 震度5強の首都圏地震は「まだ前触れ」...専門家が指摘する危うさ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   昨夜7日(2021年10月)に関東地方で発生した地震は、東日本大震災以来の10年ぶりの震度5強の強い揺れで、大きな被害を出した。足立区のスーパーの駐車場では消火スプリンクラーが誤作動して周辺の道路は泡だらけ、水道管も都内30か所で破裂して、世田谷や墨田、表参道では道路が冠水、ターミナル駅では構内でひと晩を過ごす帰宅困難者も出た。「THE TIME,」はこうした都内各地のけさの様子を中継で伝えた。

  • 今回の震度5強はまだ前触れか(写真はイメージ)
    今回の震度5強はまだ前触れか(写真はイメージ)
  • 今回の震度5強はまだ前触れか(写真はイメージ)

今後も地震に注意、3日分の食料や携帯ラジオなど準備を

   金曜司会・香川照之は危うく大けがをするところだったという。「ベッドに入ってウトウトしてたら、地鳴りのようなあとにドンッと来たんですが、枕元にあった写真立てが顔の横に落ちてきました。危なかったです」

   この地震、まだ1週間は警戒が必要だという。東京大の古村孝志教授は「関東の下に沈み込んでいる太平洋プレートの中か、フィリピン海プレートとの境界で起きたと考えられます。規模としては大きい」と解説している。

   東海大の長尾年恭・客員教授は「今回の地震はまだ前触れ」という。「関東では去年(2020年)の8月ぐらいから地震活動の静穏化が続いていました。大きな地震の前には、『最近、地震が少ないね』というような、嵐の前の静けさみたいな前兆現象があるんです。(それが動き出したということで)今後、もうちょっと大きな地震が来る可能性はあります」

   香川「身の回りの危ないものは片づけておいた方がいいですね」

   杉山真也アナ「総理官邸のホームページは、災害時は3日分の備蓄が必要としています。飲料水は1日1人3リットル。3日で9リットルですから結構な量です。そのほか、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなどの食料、携帯ラジオ、懐中電灯なども非常用バッグに準備しておいてください」

   けさの通勤時間帯になっても、各線の運転見合わせ、駅への入場制限がつづいた。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中