2021年 10月 23日 (土)

「読んでいてビールを飲みたくなる」⁉ 村上春樹の魅力を「ハルキスト」香川照之が解説⁉

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「今年のノーベル文学賞ですが、本命視されていた村上春樹さんではありませんでした。香川さんは村上作品はすべて読んでいるということですが......」と、杉山真也アナが金曜司会の香川照之にふる。

   香川「大学生のときにドハマリしまして、ハルキストのはしくれとしては、10年以上このニュースにはもう慣れちゃってるはずなんですが、残念です」。「ノルウェイの森」の主人公が訪れてウォッカトニックを飲む、東京・新宿の「Jazz Cafe&Bar DUG」のマスターも「また来年ですね」と」苦笑する。

  • 毎年注目を集める村上春樹氏
    毎年注目を集める村上春樹氏
  • 毎年注目を集める村上春樹氏

「堅い孤独感。それがファンタジックに展開していく」

   今年の受賞者はタンザニア出身のアブドゥルラザク・グルナで、難民としてイギリスに渡り、植民地主義や人種差別をテーマにした小説「パラダイス」(1994年)などで評価された。

   江藤愛アナが「村上春樹の魅力」を香川に聞く。「村上春樹さんの魅力は堅い孤独感でしょうか。村上さん自身の心だと思うんですが、それがファンタジックに展開していくところが凄くワクワクさせていただけるんです。村上さんはビールがお好きで、ハムときゅうりのサンドイッチも出てくるんですよ。小説を読んでいると、ホント、ビールが飲みたくなる」

   香川のおすすめは、「小説なら『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』ですが、エッセイも好きで、『遠い太鼓』が最高。ヨーロッパに3年住んでいた時のことを書いたものです」

   けさ8日(2021年10月)の「THE TIME,」は、ハルキスト香川の面目躍如だった。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中