2021年 12月 4日 (土)

マスクを外せる日はいつ? 専門家2人が「めざまし8」で予想

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   すっかり落ち着いた感のある新型コロナ。きのう3日(2021年11月)の祝日は行楽地はどこも観光客らでにぎわい、新規感染者数も全国19の県で0人、東京も前週比31パーセント減の25人だった。「マスクを外せる日はいつ来るのでしょうか」と4日の「めざまし8」で西岡孝洋キャスターが専門家2人の見解を紹介した。

  • マスク着用めぐり様々な予測や意見が
    マスク着用めぐり様々な予測や意見が
  • マスク着用めぐり様々な予測や意見が

古市憲寿「屋外であればそんなに厳しくなくても...」

   マスクを外せる日について、川崎医科大の中野貴司教授は「次に来る第6波の流行の規模がより小さくなったことが確認され、重症化率が十分低下してから。来年3月ごろにならないと評価はできないのでは」。

   昭和大医学部の二木芳人・客員教授は「3回目も含むワクチン接種がさらに進み、コロナが落ち着いてくれば、電車の中以外などは外すことも考えてよいのでは。条件つきで来年の夏ごろか」と予想している。

   古市憲寿(社会学者)「マスクに対する価値観は人それぞれ違う。満員電車などは仕方ないが、屋外であればそんなに厳しくなくてもいいのでは」

   橋下徹(元大阪府知事)「僕は義務化の立場なので、感染拡大したときは着用。そうでないときは外すという合理的判断でやるべき。経口薬が普及すれば、季節型インフルエンザのように流行期に着用すればいいと思いますね」

(キャンディ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中