2022年 5月 24日 (火)

菅田将暉「(小松菜奈は)野生児」 結婚祝い「THE TIME,」が流した映像

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   昨日15日(2021年11月)に結婚を発表した菅田将暉さん(28)と小松菜奈さん(25)。「THE TIME,」は2人の過去の映像に加え、スタジオから「関係者A氏」がすりガラス越しに交際報道が流れた当時の状況を証言した。

  • 菅田将暉さん
    菅田将暉さん
  • 菅田将暉さん

「ぴったんこカン・カン」共演時に...

   SNSと所属事務所を通じ、「私たちは戦友であり、心の支えであり、これからは家族になります。夫婦共々温かく見守っていただけると幸いです」と、連名の直筆で結婚を報告した2人。発表後、左手薬指に指輪を付けてラジオの収録に現れた菅田将暉さんは、詰めかけた報道陣に「すみません、たくさんお集まりいただき、プライベートなことで。これからも頑張りますので夫婦共々よろしくお願いします。幸せです」とスタジオ入り。ラジオ放送内でも「ちゃんと人生に向き合っていくキッカケを作ってくれた小松さんに感謝しています」とリスナーに向けて結婚を生報告した。

   2016年公開の映画「ディストラクション・ベイビーズ」で初共演した2人。その後W主演した映画「溺れるナイフ」でも息のあった演技を見せた。交際がスタートしたといわれているのは映画「糸」撮影中の2019年秋頃といわれているが、番組では「糸」公開後のオンラインイベントの様子も紹介。「ライバルみたいなところもある。バチバチやっていきたい。自分が上とかじゃなくて、自分がこうなれる人って少ない。うれしい出会い」と語る菅田さんに対し、「なんかいろんな事があったなって思って。器の広さというか、人に対する優しさも周りを見れるところも素晴らしいなと思うところですし、私もそうでありたいと思わせてくれる人なので、これからもよろしくお願いします」と涙ながらに語る小松さん。これに菅田さんが「よろしくお願いします。これやばいな」と応える様子を紹介した。

   さらに、「THE TIME,」では交際報道が流れた直後の去年3月に収録が行われた「ぴったんこカン・カン」での2人の様子も紹介。番組司会を務めていた安住紳一郎が食事中の2人の元に乱入するという設定のロケだったが、口の中で2つの音を重ねたような低音を響かせる変な声で「カオマンガイオイシイデス」としゃべる小松さんに対し、菅田さんが「(小松さんは)野生児。大自然の中でトンボがいたら、すぐさま羽捕まえて。トンボ嬉しそうに捕まえる?ちょっと引きました」と語るなど楽しい雰囲気が。

安住アナがとつぜん自分の前にすりガラスを...

小松菜奈さん
小松菜奈さん

   過去映像の紹介後、カメラはスタジオに戻ったが、杉山真也アナウンサーの「交際報道がでているさなか、お二人とロケをしたという番組関係者の方にお話をうかがいます」を合図に、安住紳一郎がとつぜん自分の前にすりガラスを立てる。音声を変えているという設定なのか甲高い声で「結婚報道みてやっぱりなと思いました。あのロケの日はスポーツ紙が報道した直後だったですね。現場では動揺していました。すごく楽しそうで私がじゃまものみたいになって、家に帰って辛かったです。当日は小松さんが好きな豚足持って行ったら小松さんが『好き』っていったんです。菅田さんも『俺もすげえ好き』っていって、そこのところを(CM入り前の)Qカットで使わせてもらいました」と当時の様子を証言。

   ただ「裏話するとファンの人怒るからモザイクかけてくださいね。これ、テレビ見てる人、面白いんでしょうか」と語ったところではスタジオからは爆笑が。番組ラストで「ヴィット!」司会の川島明に「THE TIME,、良くない作家さん入ってるかもしれない」と突っ込まれた安住紳一郎は「すりガラス、直前に用意しました」と苦笑いだった。

(みっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中