2022年 1月 22日 (土)

元宝塚・野々すみ花に農家もビックリ 「みかん狩り」でみせた手付きの背景

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   毎回多彩なゲストがさまざまな場所を旅する「遠くへ行きたい」(読売テレビ・日本テレビ系)。今回(12月19日、2021年)は宝塚出身の女優、野々すみ花さんが、和歌山県を旅しました。

   和歌山といえば、みかんの産地! ということで、話題のみかん農園「観音山フルーツガーデン」を訪れたすみ花さん。

   まずは腹ごしらえからと、農園に隣接する「観音山フルーツパーラー」で興津早生(おきつわせ)という品種のみかんを使った「観音山旬のみかんパフェ」(1790円)を堪能。ふんだんに使われたみかんの上に、パンダのホイップクリームがのっていて、見た目もキュートです。

  • 読売テレビの「遠くへ行きたい」公式ツイッター(@tohkuytv)より
    読売テレビの「遠くへ行きたい」公式ツイッター(@tohkuytv)より
  • 読売テレビの「遠くへ行きたい」公式ツイッター(@tohkuytv)より

「作って終わりじゃなくて...」

   「甘ッ!! めちゃくちゃ甘くておいしい。みずみずしくってジューシー」とすみ花さん。

   旬のみかんがギッシリ詰まったパフェは、見るからにフルーティーで美味しそうでした。

   みかんの美味しさを体験したところで、観音山フルーツガーデンにみかん狩り体験に向かったすみ花さん。

   「防腐剤を使っていないので、皮ごと召し上がっていただいても結構です」と、農家の児玉典男さんが案内してくれました。

   「やわらかくて美味しい。皮と一緒に食べるの初めてです!」とすみ花さんも絶賛の味です。

   京都の野菜農家出身というすみ花さん。55歳で他界した父の夢だった宝塚に入るまでは農作業をして育ち、芸名の野々すみ花は「野に咲く花のように」という願いを込めて家族で付けたのだとか。

   「すごく手付き良いね!軽やか~。うちの社員と変えたいくらい」と児玉さんが驚くほど、なれた手付きでみかん狩りを楽しんでいました。

   「私も農家の娘として育ったんですけれど、作って終わりじゃなくて、届けた人がどんな顔しているんだろう、というのが一番知りたいし、そこで美味しいって言っていただけたらさらに頑張れます」というすみ花さんの言葉に、華やかな宝塚の世界とはまた違った素の姿が垣間見えました。

   みかんの産地で食べる、自分で収穫したもぎたてのみかんの味は、美味しいに違いありません。私も久しぶりにフルーツ狩りがしたくなりました。

(SaMi)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中