2022年 1月 28日 (金)

「真犯人フラグ」林(深水元基)の末路 「ただリコ」思い出す人続出のワケ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)第2部「真相編」初回となる11話が、1月9日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

   河村俊夫(田中哲司さん)が編集長を務める「週刊追求」が、逃走中の林洋一(深水元基さん)が働く住愛ホームと等々力建材の贈収賄疑惑について、「衝撃!!炊飯器失踪の重要参考人 アリバイ隠しの裏にSDGsタウンの闇」との見出しで報じた。林の上司・井上幸作(戸田昌宏さん)は「誰かが責任を取らなきゃならないんだ」として林を見つけ出そうとする。

  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
    日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより

潜伏先に何者かから差し入れが

   一方、等々力建材の社長令嬢・茉莉奈(林田岬優さん)の車で逃げている林は、茉莉奈から電話で

「パパが洋くんのこと何も言わなくなっちゃった。パパが何も話さなくなったらヤバいの!誰かに処理させるの。何とかって人に頼んで」

と言われ、「ふざけんなよ!クソ、クソ、クソ、クソ!」と激昂。「やっぱあいつ、殺すか...」とこぼす。

   そんな林が乗っている車を、後方から本木陽香(生駒里奈さん)がカメラで撮影していた。写真を数枚撮ったのち、本木は「ノッポ、さよなら」とつぶやいた。

   林は潜伏先の山小屋のような建物で、何者かから市販のおにぎりとペットボトル飲料の差し入れをもらっていた。「うめぇ~...2日ぶりだと何でもうめぇな、ちくしょう...」と漏らしながらおにぎりを頬張り、「クソどもが。見てろよ、クソが!ざまぁみろ。俺の勝ちだ!」と笑う林の向かいには誰かが座っていたが、顔は映されなかった。

   ある日、河村の個人メールアドレスあてに林を名乗る人物から「記事にして僕の無実を証明してくれるなら、真実を全て話します」という文章とともに、潜伏先の住所と、贈収賄疑惑を報じた号の週刊追求を持って笑顔を見せる林の自撮り写真が添付されたメールが届く。

   河村はカメラマンの両角猛(長田成哉さん)と、「決着つけるぞ」として誘った凌介(西島秀俊さん)を連れて林の元へ出向く。しかしメールにあった住所を訪ねると小さなカフェで、そこに林はいなかった。客から裏のガソリンスタンドが同じ番地だと聞いて行ってみると、不調でオーナーが叩いて直そうとしていた洗車機が動き出した。洗車機から顔をのぞかせたのは、林が逃走に使っていた赤いスポーツカー。そしてフロントガラス越しに、首から血を流し息絶えた様子の林の姿が見えたのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中