2022年 5月 18日 (水)

テニス・ダニエル太郎が「ニュー太郎に」 杉山愛が指摘した「進化」とは

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   「テニス全豪オープンの男子シングルスで、日本人選手が元世界王者を撃破しました。その選手はこの人です」と、けさ21日(2022年1月)の「スッキリ」で岩田絵里奈アナが取り上げたのは、ダニエル太郎、28歳だ。

  • ダニエル太郎選手の活躍が期待されている(写真はイメージ)
    ダニエル太郎選手の活躍が期待されている(写真はイメージ)
  • ダニエル太郎選手の活躍が期待されている(写真はイメージ)

全豪オープンでの活躍

   リオデジャネイロオリンピックでは、日本代表選手としてベスト16、2018年にはノバク・ジョコビッチ選手に勝って『大物食い』と囃されている。そのダニエルがきのう行われた全豪オープン第2回戦で、グランドスラム3回優勝のアンディ・マリー選手を6-4、6-4、6-4のストレートで破ったのだ。ラリーで打ち勝ち、レシーブもビシバシ決める。杉山愛さん(元プロテニスプレーヤー)は「自分から攻撃する『展開力』が進化しています。(きのうは)ニュー太郎になっていました」と強さの秘密を解説した。

   父親はアメリカ人、母親は日本人。身長190センチと大柄で、世界ランクは120位だ。ダニエルを5歳のときから指導したコーチは「負けると悔しがって泣いていました。苦手なサーブを克服するために、スクールが終わってからもお父さんと練習していましたね」と話す。そのサーブできのうは12本もサービスエースを取った。

   岩田「3回戦はあす土曜日。相手はイタリアのヤニック・シナー選手です」。かなり格上だが、大物食いの本領発揮といきたい。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中