2022年 5月 24日 (火)

竹内由恵アナに「お前は性格変えなあかん!」 さんま絶叫のワケ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)の1月26日(2022年)放送回テーマは、「関西女子VS東京女子!女だらけの仁義なきローカルバトル」。今回、最大級の盛り上がりをみせたのは、元テレビ朝日アナウンサーで東京都出身の竹内由恵さんと、元読売テレビアナウンサーで大阪府出身の川田裕美さんによる「キー局VSローカル局」のバトルです。

  • 明石家さんまさん
    明石家さんまさん
  • 明石家さんまさん

「キー局の方が上」という気持ちが?

   話を切り出したのは竹内さん。「(テレビ朝日の局アナ時代に)スポーツ取材の現場で関西出身のアナウンサーと一緒になったとき、『そちらはキー局で、うちはローカル局なんで、先に行ってください』と言われたんです」とのエピソードを披露。竹内さん自身に『キー局の方が上』という気持ちはなかったものの、どっちが上とか下とか論争するのもおかしいと思い先に取材に行ったものの、「関西のアナウンサーは器が大きく、私はうまく返せなかった女って感じで、みじめな気持ちになりました」と話しました。

   これだけなら「よくある話」で終わりそうですが、MCの明石家さんまさんが「それは竹内に(キー局の方が上という)気持ちがあったからやん。川田もアナウンサーの採用試験で滑ってるやろ」とつっこむと、トークは思わぬ方向に発展。

   「そうなんですよ。だいたい関西のアナウンサーはキー局に落ちてる人が多いから、本当にキー局はすごいって気持ちはあるんですよ」との川田さんのコメントに続き、さんまさんが「(川田さんは)受験で負けてるから、あなたに」と竹内さんにキラーパス。これに対し、一瞬間を置いて「あー、はいはいはい」と否定せずに答えてしまった竹内さん。周囲のゲストはざわつき、さんまさんは「お前は性格変えなあかん! 今のは完全に王者の言葉やないか」と絶叫してしまいました。

   竹内さんは「でも、本当に(上とか下とか)気にしてないんです。みんな平等」と必死にフォローするも、後の祭り。さんまさんは「いや、さっきの『はいはいはい』ですべて終わった。あそこは事務所がカットしろと言っても絶対オンエアするから」と断言していました。

   ツイッターでは「竹内の好感度、だだ下がり」といった声の一方、「ますます好きになった」とのコメントも。さんまさんも「竹内さん、これからはそのキャラでお願いします」とすっかり気に入った様子で、見事、「踊る!ヒット賞」を受賞していました。

(Hibunny)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中