2022年 5月 27日 (金)

山本舞香の「相棒」熱演に「心から拍手!」 難役挑戦に「お芝居巧かった」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「相棒 season20」(テレビ朝日系)1月26日(2022年)放送回に、俳優の山本舞香さんがゲスト出演した。(ネタバレあり)

   ある夜、汚れた服で傷だらけ、裸足の女性(山本さん)が多岐川という家を訪れる。女性はインターホンに出た多岐川愛子(宮田早苗さん)に、「お母さん、会いたかった。お母さん...」と言ってその場に倒れ込む。

  • テレビ朝日の「相棒 season20」番組サイトより
    テレビ朝日の「相棒 season20」番組サイトより
  • テレビ朝日の「相棒 season20」番組サイトより

「絵」にそっくり

   愛子と直樹(筒井巧さん)の娘・未来は13年前、10歳の時に失踪。それ以来行方がわからなくなっていた。多岐川家には未婚のまま若くして亡くなった人を仮想で結婚させ、その様子を描写する「冥婚絵」が飾られていたが、突然家に来た女性はその絵の未来にそっくりだった。

   「男の人に、ずっと監禁されてて...」と言う「未来」を愛子と直樹は家に上げ、「未来」の希望で警察には届け出ず。しかし愛子と直樹に依頼されて未来の冥婚絵を描いた元似顔絵捜査官・黒瀬和成(勝部演之さん)がたまたま「未来」の姿を見かけたことで、捜査一課の伊丹憲一(川原和久さん)や特命係の杉下右京(水谷豊さん)、冠城亘(反町隆史さん)の耳にも入ることになる。

   その頃、自宅で背中にはさみを刺されて死んでいた西條雅弘(横井翔二郎さん)の部屋で、黒瀬がホームページで公開している未来の冥婚絵をプリントアウトしたものが見つかった。

   杉下と冠城は多岐川家を訪れ、西條の写真と、失踪当時に愛子の記憶をたよりに黒瀬が描いた、未来のランドセルを持って歩いていたという男の似顔絵が似ていないことについて問いただす。愛子は男の顔をはっきりとは見ていなかったと告白、直後に床に倒れ込んでしまう。

   愛子は末期がんを患い、余命幾ばくもない状態だった。「未来」は黒瀬の自宅に押しかけ、「犯人はあの似顔絵の男じゃなかった。なのにあんたがあんなデタラメな絵を描いたせいで私は、お母さんは!」と胸ぐらをつかんで怒鳴る。

   黒瀬は工藤雄一郎(伊藤風喜さん)という男に少女を拉致・監禁した前科があることから、未来の事件も工藤によるしわざに違いないと思い込み、工藤の似顔絵を描いていたと特命係の2人に打ち明ける。そして10日ほど前、「冥婚絵を見て、目が覚めました。僕が未来ちゃんを殺して、遺体は山の中に埋めました」と告白する電話が来たとも話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中