2022年 5月 29日 (日)

歌うTOKIOの3人に「涙止まらない」 森山直太朗と「デビュー曲」披露に反響

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   3月2日(2022年)放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に、シンガーソングライターの森山直太朗さんがゲスト出演した。

   「これだったら日本100位以内 ナニ選手権?」というトークテーマで、森山さんは「ハモるの得意です。どんな曲でも」と言い、アコースティックギターを持ち出してみんなで「若者たち」を歌った。

  • 城島茂さんがギター&コーラスを担当した
    城島茂さんがギター&コーラスを担当した
  • 城島茂さんがギター&コーラスを担当した

「いい歌やなこれ」としみじみ

   松岡昌宏さんが「こういう風にテレビで歌ったの初かも」、国分太一さんが「気持ちいいなぁ~」などと余韻に浸る中、森山さんから

「せっかくだから、ダメだったらダメって言ってください。TOKIOさんの曲はいけるの?」

と提案が。

   国分さんが「いけるけど、ボーカル(長瀬智也さん)がいなくなっちゃったから」と返すも、ハリセンボンの2人が「みんなで歌いましょうよ!」と盛り上げ、TOKIOのCDデビュー曲「LOVE YOU ONLY」(1994年リリース)を歌うことに。さらに森山さんがギターを差し出し、城島茂さんが演奏した。

   国分さんと松岡さんが主旋律を歌い、城島さんがコーラスを担当、森山さんがハモり、サビはハリセンボンも参加してバラード調の「LOVE YOU ONLY」を歌い上げた。

   演奏後、城島さんは「いい歌やなこれ」としみじみ。TOKIOではドラム担当の松岡さん、キーボード担当の国分さんは「ちゃんと歌ってないでもんね、我々」(松岡さん)、「僕歌ったことないフレーズ」(国分さん)、「『Only You』しか歌ったことない」(松岡さん)と主旋律を歌ったのは初めてだったそうで、「これ恥ずかしいな」「ちょっと恥ずいね!」と照れ臭そうにしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中