2022年 5月 24日 (火)

掛け値なしに泣けた「コンビの絆」 「かまいガチ」で好企画

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「かまいガチ」(テレビ朝日系)。2022年春の番組改編で、テレビ朝日は平日月曜~水曜23時~0時台に新たなバラエティー枠「スーパーバラバラ大作戦」を新設。この「かまいガチ」も4月からは現在の木曜深夜枠(金曜未明)から水曜23時15分へ昇格する。

   ということで、この日(3月18日)の企画は「最近、泣きすぎてるからガチで泣き納めするねん!」。かまいたちの2人と、ダイアン津田、インディアンス田渕の4人がそれぞれ「泣けるネタ」を持ち寄り、1人ずつ気になるお題を選んで、特設の「ティアーズルーム」で鑑賞するというもの。ほかの人たちもその様子を見つつ、一緒に泣く。

  • 「泣けるネタ」、これらも、たまにはよろしく…(写真はイメージ)
    「泣けるネタ」、これらも、たまにはよろしく…(写真はイメージ)
  • 「泣けるネタ」、これらも、たまにはよろしく…(写真はイメージ)

「泣きネタ」を持ち寄り...

   持ち寄り泣きネタは「芸人の歌」「ある芸人家族の絆」などの4本。最初にチャレンジするのは田渕で、「ある芸人家族の絆」を選んだ。

   出てきたのはサンミュージック所属ピン芸人TAIGA。主な収入はウーバーイーツで。自分たちの存在が重荷になっていないか、と心配する妻の協力を得て、自宅に隠しカメラを仕掛け、TAIGAの本音を聞きだそうとする。部屋に入るなり、「売れない芸人の人生って年取ればとるほどみじめだよ。あちこちでバカにされるから」と......。

   VTRが終わってみれば、田渕が顔をグシャグシャにして泣いていて、番組的には大成功。が、売れない芸人TAIGAの話はほかでも何度も見たので、こちらは泣けなかった。最後、「泣きネタ№1」にTAIGAのVTRが選ばれたが、「TAIGAさんの日常みたいなやつ。カメラあんの知ってたんちゃう? 日常を切り取るって言って、急に『芸人はさあ』ってするかな」と異議を唱える、かまいたち濱家。こういうひねくれた人がいることで、番組は俄然面白くなる。

   お笑いを辞める先輩・同期に向けて作ったという「芸人の歌」を歌ったピン芸人のトニーフランクはこれからバラエティーで活躍しそうな予感。以前は「馬と魚」という芸名だったが、いつの間にか改名したらしい。

   インディアンスが1度解散した時の相方・きむの思いを聞いたことがなかったという田渕が持ち寄った「あの頃のきむの思い」は掛け値なしに泣けた。やっぱりコンビの絆ネタは泣ける。

   「泣けるネタ」、面白かったので、23時台になっても封印せず、たまにはやって欲しい。

(子守熊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中