2022年 5月 23日 (月)

プーチン氏めぐる健康不安説 詳報したロシアメディアを独自取材(めざまし8)

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   ロシア軍によるウクライナ侵攻が続く中で、4日(2022年4月)の「めざまし8」は、プーチン大統領が甲状腺に病気を抱えているのではないか、とするロシア独立系メディア「プロエクト」の報道を紹介し、同メディアのミハイル・ルビン副編集長を独自取材。さらにスタジオにも専門家を招いて話を聞いた。

   「我々は以前から、大統領の健康状態をオープンにする取材をしたかった。ロシア政府は何より情報を隠しています」というルビン氏。プロエクトが今月1日に公開した記事では、2016年以降、甲状腺疾患を診断する耳鼻咽喉科医師がプーチン氏のもとを59回も訪れているほか、甲状腺がん専門医も35回訪れているという。

  • プーチン大統領をめぐる報道にも注目が集まっている
    プーチン大統領をめぐる報道にも注目が集まっている
  • プーチン大統領をめぐる報道にも注目が集まっている

「医師60人をリストアップ」など

   「政府のすべての契約が載せられている資料から、病院とホテル間の契約が見つかりました。このホテルは大統領が泊まった場所と期間が一致しています。医師は内務省に所属する中央臨床病院の先生方であることがわかります」(ルビン氏)

   こうしたデータのほか、2020年に国立内分泌学医学研究センターのイワン・デドフ所長との会談したプーチン氏が、甲状腺がんの問題に公然と関心を示したことや、今年2月にプーチン氏がアゼルバイジャンのアリエフ大統領と会談した際にコロナ対策として4メートルの巨大テーブルを用意したことなどから、プロエクトではプーチン氏の健康不安説を報じている。

   MCの谷原章介「感染症対策以外で、ここまで距離を取るというのは、健康不安を悟られたくないというのがあるんでしょうか。

   中村逸郎(筑波学院大学教授)「(悟られたくないというのは)あると思う。プーチン大統領は最近、歩く姿が報道されていない。おかしいなと思ったのが2019年の大阪G20。みんなで大阪のワインで乾杯したが、その時プーチン大統領だけはマイタンブラーを持ってきていて乾杯した。これはロシア国内でも『なぜワインを飲まないんだろう』と物議をかもした。昨夜、モスクワに住んでいる友人からメールが届いたが、ロシア国内でもプーチン氏の健康不安説や、戦争が外国でどう報じられているか、ロシア国内でも読めるようになってきている。ロシアでは兵士に与えられている携帯が家族にも与えられているので、兵士に情報を伝えることができるようになっています」

(みっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中