2024年 6月 19日 (水)

誤送金「全額使った」→決済業者が3500万円返還...おや? 安住アナ指摘の「可能性」とは

   山口県阿武町の4630万円誤送金問題で、決済代行業者が3500万円余りを町に返還していたことが明らかになった。「すべて使った」と容疑者も弁護士も言っていたが、残りの金もまだどこかに隠されているのではないか?これまで黙っていた業者が突然返還したのはなぜか?24日(2022年5月)の「THE TIME,」が、追及した。

   電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された田口翔容疑者(24)は、3つの決済代行業者を利用し、「カネはネットカジノに使った」と供述していた。関係者によると、その決済代行業者の1社から、約3500万円が阿武町の口座に返金されたことがわかった。阿武町は、取材に対し「係争中でありお答えを差し控える」としている。町は今日24日の午前11時に、記者会見をする予定だ。

  • 4630万円誤送金問題に新たな動きが(写真はイメージ)
    4630万円誤送金問題に新たな動きが(写真はイメージ)
  • 4630万円誤送金問題に新たな動きが(写真はイメージ)

「決済代行業者」とは?

   関係者によると、田口容疑者は3つの決済代行業者を使っており、A社には27回にわたって3592万4691円を振り込んだほか、L社に1回300万円、M社に1回400万円を振り込んだ。デビッド決済へも5回計340万1071円の送金をした。

   「決済代行業者」とは、どんな会社なのか?神戸大学大学院の森井昌克教授は、「一般的には、利用者が海外送金する時に、代行業者に送金先を指示して、手続きの代行をする。目的によっては、カジノのようなところに送金するために使うこともある」。「カジノ側としては、決済会社を入れて統一した方が、手数料でも非常に有利なので、まとめている」。海外のオンラインカジノでは、大きな金額を扱うため決済代行業者を指定しているという。

   田口容疑者の弁護士は、「本人から海外のカジノサイトですべて使ったと、私は聞いている」と記者会見で答え、「表現としては『すべて使った』と申し上げている。勝ち負けという表現なら、『負けた』ということになる」と強調していた。一般に、弁護士は顔や名前を明示して記者会見するが、この弁護士の顔は、メディアの映像には出ていない。

   なぜ、決済代行業者から返金されたのか?MCの安住紳一郎は、「考えられる可能性としては、こちらでしょうか」として、(1)代行業者が自主的に返金した(2)田口容疑者が弁護士を通じて、返還を働きかけた(罪が軽くなる可能性があるため)、の2つをあげる。ただ、(2)の可能性について安住は、「弁護士の先生のコメントを聞く限り、可能性は薄そうですよね」。(1)は、「業者が『盗品等関与罪』に問われることを避けるため、あるいは善意、で返したのでは」「しかし、田口容疑者はカネを使ったと言いつつ、後で取り戻そうとしていたとも考えられ、むしろ悪質だなとの印象もある」。

(栄)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中