2024年 2月 24日 (土)

ちむどんどん姉・良子と博夫 「もどかしい関係」引っ張り過ぎじゃない? もっと気持ちをハッキリと!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NHK朝ドラ「ちむどんどん」5月24日(2022年)放送回。姉・良子(川口春奈)と石川博夫(山田裕貴)のもどかしい関係がまたまた展開された。(ネタバレあり)

   暢子(黒島結菜)はレストランでの厳しい連続勤務をようやく乗り越えた。そして故郷から鶴見にやってきた幼馴染(なじみ)・砂川智(前田公輝)と再会する。故郷から遠い場所で同郷人と会うと、なんとも嬉しいでしょうね。この2人がずっといい友達でいられるといい。

  • 山田裕貴さん(写真:Top Photo/アフロ)が石川博夫を演じている。
    山田裕貴さん(写真:Top Photo/アフロ)が石川博夫を演じている。
  • 山田裕貴さん(写真:Top Photo/アフロ)が石川博夫を演じている。

博夫より猛烈アタック中の金吾を推す声も

   一方、沖縄では、良子が、友人の石川博夫に、「別の人から求婚されている」と告げる。このシーン何回目?ずっと平行線のままである。

   良子は博夫を好きなのは明らかなのに、博夫にとってもわかっていることなのに、「君の気持ちを尊重する」「自分できめたことだろ」という回答。見ていて歯がゆい。この繰り返しなので、いったいどうなるのかわからなくなってきた。ツイッター上でも「博夫ぉーーー!!!なんなんずっと煮えきらなくてーーー!!!」「博夫いくじなしすぎない?」「良子なにを迷う必要がある?」など一部不穏な空気も。

   良子もモジモジしすぎだ。もっとはっきりと自分の気持ちをぶつければいい。何度もカフェで同じ話をして。はっきりない答えを何度も聞くほうが辛い。なんでこうなってしまうのだろうか。博夫に何か踏み込めない何か理由があるのだろうか。個人的には博夫は全く優しくないと映る。コンサバティブで自己防衛が優先しちゃってる。

   良子に猛烈アタック中の喜納金吾(渡辺大知)のことを結婚相手として改めて考えると、ストレートでわかりやすいし、お金もあるし、なにより良子のことが猛烈に好きだとハッキリしている。うーむ、ネットも「悪くない」と思いはじめている。「博夫はやめとけ、金吾の方が絶対幸せになれる」「博夫より金吾のほうが、あきらかな優良物件だって」など金吾と博夫を比べた反響も。

   でも朝ドラのパターンを考えると、博夫と良子が結ばれるのかな。それにしても引っ張りすぎですな。帰りのバスの中での大粒の涙を流す良子と酔いつぶれてしまう博夫。どういう展開になるのか。見守るしかない。

(U・Y)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中