2024年 6月 17日 (月)

夏の電力需給ひっ迫の危機 経産相が呼びかけた対応策

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「今年の夏は暑い」――30日(2022年5月)の「めざまし8」は、29日の日曜日が全国的に真夏のような暑さになったのを機に、向こう3カ月の今年の夏の暑さを予測した。

   29日は群馬県高崎市で、35.2度を記録したのをはじめ、全国261地点で真夏日を観測。各地の病院では「熱中症」で救急搬送される人も目立った。

  • 電力需給の動向に注目が集まっている(写真はイメージ)
    電力需給の動向に注目が集まっている(写真はイメージ)
  • 電力需給の動向に注目が集まっている(写真はイメージ)

「めざまし8」が伝えた「気温」の見込み

   高崎市上里見の老夫婦は、「暑くてね。ランニング一枚で仕事していました」「食欲もなくなりますよ、暑くって」「朝から網戸だったけど、昼はクーラー入れていましたよ」。

   今週の東京では、明日は雨で最高気温が22度まで下がるが、月が代わる6月1日水曜日は一転晴れて、最高気温は28度まで急上昇。木曜日も晴が続くが、金土日は曇りとなって気温は21~22度に下がる、という「乱高下」の週となりそうだ。

   東京曳舟病院の三浦邦久・副院長によると、暑さに慣れるには「2、3週間」かかるため、次の暑さが来た時に熱中症などに、より注意が必要だという。

   今年の夏はどうなるのか?

   気象庁が先週火曜日に発表した6月~8月の「3カ月予報」によると、東日本と北日本はいずれも「高い見込み」。西日本も「平年並みか高い見込み」。天達武史・気象予報士は「今年は、暑い高気圧が北日本まで張り出す見込みです。もしかすると、気温が40度を超えることがあるかも。梅雨入りも早い可能性がある」。

   そこで心配なのが、「電力需給のひっ迫」だ。

   萩生田光一経産相は先週金曜日、「発電所のトラブルや、ウクライナ情勢による電力供給リスクを考慮すると、予断を許さない状況が続く」。

   資源エネルギー庁によると、東北・東京・中部電力エリアで、10年に一度の猛暑になった場合、7月の電力需給見通しは「予備率3.1%」(安定供給に必要なのは3%)になる場合もある、という。この場合、前日の午後4時ころに、3%未満の場合は「警報」を出し、3~5%の場合は「注意報」を出し、休止中の火力発電所を再稼働させる態勢をとるという。

   同経産相は、「家族が個別の部屋で過ごすよりも、一つの部屋に集まって過ごすなど、ちょっとずつの試みをしていただくことで、乗り越えていただけると思います」。

(栄)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中