2024年 4月 14日 (日)

プレミアム付き商品券で「133万円」お得 谷原章介「このゼロ金利時代、すごいこと」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「プレミアム付き商品券をめぐって騒動となっています」ときょう2日(2022年6月)の「めざまし8」でMCの谷原章介が切り出したのは、大分県佐伯市で1人で446万円分の商品券を大量購入した女性の話題だ。そのプレミアム分、なんと133万8000円にのぼるという。

  • プレミアム分の額は…(写真はイメ―ジ)
    プレミアム分の額は…(写真はイメ―ジ)
  • プレミアム分の額は…(写真はイメ―ジ)

1冊(1万円)で1万3000円分の買い物ができる

   地域消費喚起を目的とした佐伯市のプレミアム付き商品券は、1冊(1万円)で1万3000円分の買い物ができるというもの。「1世帯につき3万円まで」というルールで、今年4月から事前の申し込み制によって販売を開始した。

   ところが、発行した6万冊のうち2万4000冊が売れ残ったため、4月末から事前申し込みなしの直接販売を始めたところ、1人の女性が列に何度も並び直して計6万円分を購入した後、「何冊購入できますか」「440万円は大丈夫ですか」と質問。販売スタッフが「大丈夫です」と答えたため、現金440万円を支払って購入した。使い道について、女性は「車です」と答えたという。

   市の説明によると、販売事業者の責任者はスタッフに対し、「何度も列に並ぶ人は把握できないので販売してもいい」「列がない場合は、申し出の冊数を販売してもいい」と指示していたという。販売事業者は、市の担当者に相談のうえ了承をもらっていたと説明しているが、市側は「そうした相談を受けた覚えはない」と言い分は食い違っている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中