2024年 5月 28日 (火)

「マイファミリー」日下部(迫田孝也)は「今度こそ真犯人」? 「フラグ」立ちまくりも「また冤罪だったら」の声

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   6月12日(2022年)に最終回を迎える日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)について、終了目前の第9話(6月5日放送)で捜査一課管理官の日下部七彦(迫田孝也さん)が俄然怪しくなってきたと、ツイッターなどで考察が盛り上がっている。(ネタバレあり)

   警察に連行された鳴沢温人(二宮和也さん)を葛城圭史(玉木宏さん)が事情聴取していると、七彦が裁判所からの逮捕状を持って取調室に入ってきて、犯人隠避と身代金目的誘拐ほう助の疑いで逮捕すると告げる。温人は「俺だって強制的にやらされてただけですよ」と反抗するが、七彦は「それはこれから調べる」と取り合わなかった。

  • TBSの「マイファミリー」番組サイトより
    TBSの「マイファミリー」番組サイトより
  • TBSの「マイファミリー」番組サイトより

心春誘拐の見立ては?

   留置所に連行される前、温人は圭史に「(阿久津)実咲(凛美さん)ちゃんは!?どうなったんですか?」と詰め寄る。七彦は「被疑者に捜査情報を答えることはできない」と制したが、圭史が「一命は取り留めた」と答えると、七彦は「あっ...」と言葉に詰まっていた。

   捜査本部では、七彦が中心になって一連の誘拐事件について情報を共有していた。温人や住吉亜矢(藤間爽子さん)の供述に基づき、東堂心春(野澤しおりさん)と実咲の誘拐は同一犯だと見る圭史に対し、七彦は「私は心春さんと実咲さんの事件に関連はないと思いますよ」と意見をぶつける。

   そして心春の誘拐について、

「あの事件は東堂(樹生、濱田岳さん)の妻、東堂亜希(珠城りょうさん)による狂言誘拐ですよ。当時の調書、私も何度も読みました」
「東堂亜希のアリバイ供述は二転三転している。彼女は明らかに何かを隠していた。不倫でもしていてその相手と共謀して狂言誘拐を仕組んだのではないかという筋読みが主流となった。しかし部下の東堂を思う葛城補佐は認めなかった。そのまま捜査はこう着し事件は風化していった」

と持論を展開。

   樹生と亜希の仲は冷え切っていて、それを圭史と吉乃栄太郎(富澤たけしさん、サンドウィッチマン)も気付いていただろうとして、七彦は「もう認めましょうよ。心春さん誘拐事件の黒幕は東堂亜希!それを認められない東堂樹生がその後の連続誘拐を引き起こした!」と声を張り上げる。実咲の誘拐は「東堂と鳴沢温人の共犯でしょうね」として、

「2つの事件の真相に気付いた鳴沢温人は東堂と組んで阿久津から10億円せしめようとしたんだよ!ところが実咲さんが脱出しようとしてあのような予想外のアクシデントが起き計画は破綻した。これが今回の4つの連続誘拐の真相です」

と言い切り、樹生の調査会社、鳴沢家、ハルカナ本社を強制捜査すると宣言した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中