2024年 6月 19日 (水)

加藤浩次 「おとり広告」スシロー 「御免なさいキャンペーン」の予感

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   岩田絵里奈アナが「回転ずしチェーン最大手のスシローの広告で、『新物濃厚ウニ』や『冬の味覚豪華カニづくし』などがお得に食べられると繰り返し宣伝していましたが、実際には全国の9割以上の店で販売していない日があり、これがおとり広告に当たると指摘されています」と紹介したニュース。

  • 消費者庁プレスリリースより
    消費者庁プレスリリースより
  • 消費者庁プレスリリースより

「初日に行ったのに売り切れ」の声も

   6月9日に公正取引委員会が会見し、「キャンペーンの表示が一般消費者を誤認させる恐れがあったということで、おとり広告に該当する」と措置命令を出した。『新物濃厚ウニ』では594店舗中583店舗で、『鮨し人流3種盛り』では594店舗中540店舗で、『豪華カニづくし』では605店舗中583店舗で販売していない日があったという。

   ニュースを聞いた街の人々やSNSでは「CMを見て行ったら、なくてガッカリした」「昼間ならあると思っていったのになかったことがある」「キャンペーン初日に行ったのに売り切れ」などの指摘もあった。

   消費者問題に詳しい岡井裕夢弁護士は「ある商品を広告で販売していると言っているにもかかわらず、消費者が実際に行くとその商品がなかったというケース。こういったものがおとり広告に当たります」と話す。

   スシローは6月9日にホームページで、この措置命令に対するお詫びとお知らせと題し、「販売予想数量以上の在庫を用意したが、予想をはるかに上回るご愛顧をいただき、早期に完売する店舗が発生してしまいました」などと説明した。

   「スシロー」を展開する「あきんどスシロー」は1984年創業で、全国に626店舗を展開し、10年連続で回転ずし売上1位。コロナ禍で外食産業が苦しい中でも、テイクアウト専門店を出店するなど好調な売り上げを維持。ドバイ万博にも出店し、17万人もの来場を得た。昨年には台湾で「『鮭魚』と同じ名前の人は5人まで無料」などのキャンペーンを行い、改名する人が続出したこともあった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中