ちむどんどん良子の「離婚届突き付け」に「う~ん」 仕事に復帰しちゃえばいいのに

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   NHK朝ドラ「ちむどんどん」6月21日(2022年)放送回。暢子(黒島結菜)は、オーナーの房子(原田美枝子)からシェフ代行に指名されるが、厨房の仲間たちからは「親戚びいきだ」とバッシングを受ける。(ネタバレあり)

   その頃、やんばるでは育児が一段落した良子(川口春奈)が仕事復帰を夫の石川博夫(山田裕貴)に訴え、夫婦喧嘩が絶えない。またもや良子が実家へ帰ってきた。仕事に復帰したいなら復帰しちゃえばいいのに、と他人事のように思うが...

  • NHK「ちむどんどん」番組サイトより
    NHK「ちむどんどん」番組サイトより
  • NHK「ちむどんどん」番組サイトより

受け取るわけがないと...

   夫の石川は、仕事が忙しくて、家族を振り返らないというこの時代のステレオタイプな夫で、良子はこれまたこの時代の夫に相手にされない寂しい母親ということだが、母親や女性の権利を認めてほしいといって夫に離婚届を突き付けるというのは......。

   両親を説得できない石川を一方的に責めるのは納得できない。夫に任せっきりなのでは?それに両親を説得できない男なのは十分知っているでしょう。だったら、自分で両親に会いに行って熱い思いを語ったらいい。説得できなきゃ、仕事をはじめて母親と主婦、学校の先生を見事に両立させてみたらいいのでは。

   それに「私が夜どれだけ泣いたと思ってるの」といって離婚届を突きつけていたけど、これまた石川が受け取るわけがないとわかっててやっているよね。今回は、良子ねーねが、聞き分けの悪いわがままに見えてきちゃった。夫のことを理想主義といっていたけど、真面目だから理想を追い続けているのは良子ねーね、あなたですよー。「離婚届で脅して相手を思い通りに動かそうとするやり方は良くないと思う」「良子も博夫の悪いとこばかり見てるような気がする」など、ネットでも2人のやりとりが気になるという声が見受けられた。

   良子も大変だが、暢子も青柳和彦(宮沢氷魚)も東京でピンチだ。どう展開してくか楽しみである。

(Y・U)

姉妹サイト