2024年 6月 19日 (水)

野口聡一氏選「宇宙食ベスト3」 加藤浩次がした「いい質問」とは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   30日(2022年6月)の「スッキリ」にスペシャルコメンテーターとして宇宙飛行士の野口聡一さんが出演した。この6月1日付で、後進に道を譲るためJAXA(宇宙航空研究開発機構)を退職したばかりの野口さんは、世界で初めて3種類の異なる宇宙帰還(滑走路、大地、海面)を達成した宇宙飛行士としてギネスにも登録されている宇宙のレジェンド。これまで3度の宇宙飛行を経験し、宇宙滞在時間は344日9時間34分。その野口さんが、これまで食べた宇宙食の中からベスト3を選んで、番組で発表した。

  • 宇宙での食事は…
    宇宙での食事は…
  • 宇宙での食事は…

「おいしい!」

   岩田絵里奈アナは「宇宙食とは国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在などで宇宙滞在を行う宇宙飛行士に提供される食品で、栄養の確保、高度な衛生性、微小重力環境で飛び散らない工夫がなされ、長期保存ができるものを意味します」と説明したうえで、いよいよ発表へ。そこに映画「2001年宇宙の旅」のテーマソングが流れると、加藤は興奮し始め「すごいね、キューブリックって。今になってもこの音楽が使われるってね」とコメント。

   まずは第3位は「サバしょうゆ味付け缶詰」。スタジオには野口さんが宇宙で食べたものと同じものが用意された。野口さんは「昔からある缶詰タイプの宇宙食で、味がすごくよくなっているし、汁が飛び散らない工夫がされているんです」と説明。加藤が「宇宙食も進化しているのか」と聞くと、野口さんは「そうなんです。宇宙食は今、300種類くらいあるんですけど、宇宙に長くいると楽しみって地球を眺めるか食事かとなってくるんです」と答える。

   いざ実食。缶の蓋を開けても飛び散らないのは、調味液に粘性を与えているからだという。野口さんは「この缶詰は福井県の若狭高校の高校生が12年間かけて考えてくれたものなんですけど、すばらしい出来ですね」と解説。

   実食した加藤が思わず「おいしい!」というと、岩田アナも「おいしいですね!」とビックリしながら「宇宙空間では味覚が鈍くなるのでちょっと濃い目の味付けになっているとのことです」と説明。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中