カズレーザー 「底辺の仕事ランキング」に「なんでこんなバカなラベリングを?」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大学生向けの就職情報サイトが「底辺の仕事ランキング」という記事を公開し、物議を醸している。きょう1日(2022年7月)の「めざまし8」が取り上げた。

   「底辺職とは? 底辺の仕事ランキング」という見出しで昨21年5月から記事を掲載していたのは、「就活の教科書」という就職情報サイト。同サイト部門で3冠を受賞するなど人気のサイトだという。

  • カズレーザーさん
    カズレーザーさん
  • カズレーザーさん

谷原章介「すごく上からの目線を感じる」

   記事は21年5月に掲載されたもので、12の職業を「底辺職」として具体的に紹介。「社会を下から支える仕事」としてその必要性にも触れていたものの、「誰でもできる」「繰り返す作業が多い」などと説明していた。

   記事について番組が街で聞いたところ、「職業にランクはつけられない。そういうこと言うやつはひっぱたいてやりたい」「そういう仕事しちゃダメなんだよ、と言っているように聞こえてしまう」と批判の声が続々。

   ランキングに入っていた職業に就いていたことがあるという人たちは「うちの会社が一番と思って働いていた。底辺なんかじゃなくて、めちゃくちゃ大変な仕事なんだと伝えたい」「周りはそう見てるんだと思うとすごく残念。プライド持ってやっている。こういうランキングには断固として反対したい。ばかにしてますよね」と怒っていた。

   番組はサイトの運営会社に取材を試みたが、電話はつながらず、回答は得られなかった。記事はSNS上などの批判を受け、6月28日までに削除されている。

   MCの谷原章介「すごく上からの目線を感じる。僕は親から『職業に貴賎なし』と教わりました」

   風間晋(フジテレビ解説委員)「世間の耳目を集めるための計算高さを感じますね」

   カズレーザー(お笑いタレント)「なんでこんなバカなラベリングをしたのか目的がわからない。僕も夏場に日雇いの現場仕事をして食いつないだ時期がありましたが、本当に辛い。『底辺』と決めつけることがおかしいというだけでなく、賃金を上げるとか手を差し伸べることが大事だと思います」

(キャンディ)

姉妹サイト