和彦VS智 沖縄相撲を超えた闘いに 【ちむどんどん 第14週の見どころ】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   比嘉暢子(黒島結菜)は、青柳和彦(宮沢氷魚)への思いを抱えながら、和彦の婚約者・大野愛(飯豊まりえ)の仕事を徹夜で手伝うことになる。和彦、そして暢子との結婚を真剣に考えている砂川智(前田公輝)も一緒だ。

   複雑な感情が交差する一夜を過ごした後、暢子は何かが吹っ切れたように仕事に没頭することができるようになった。

  • NHKの「ちむどんどん」番組サイトより
    NHKの「ちむどんどん」番組サイトより
  • NHKの「ちむどんどん」番組サイトより

和彦は自身の本当の気持ちに...

   ある日、オーナー・大城房子(原田美枝子)の古い知り合いを名乗る親子が「アッラ・フォンターナ」にやってくる。何か事情がありそうだ。暢子は親子の様子が気になった。

   そしてその親子の2回目の来店時、房子は暢子にあるメニューを出すように命じる。

   同じころ、兄・賢秀(竜星涼)が水国和歌子(駒井蓮)という女性を連れ、「あまゆ」にやってくる。賢秀は、青森出身だというこの女性にぞっこんなようだ。

   一方の沖縄・やんばるでは、賢吉(石丸謙二郎)が比嘉家を訪れていた。賢吉は優子(仲間由紀恵)と向かい合い、ある話を始める。

   店にやってきた親子の新たな出発を目にした暢子の中に「自分の店を持ちたい」という気持ちが芽生え始める。

   そんな中、沖縄県人会の遠足の余興で「沖縄角力大会」が開かれる。参加者の1人、智は「沖縄角力大会」での優勝を本気で目指していた。優勝したら、暢子にプロポーズするつもりなのだ。

   初戦は和彦と対決。直前に智のプロポーズ計画を知った和彦は、粘り強い戦いでみんなを驚かせる。そして、和彦はその対決を通し、自身の本当の気持ちに気付く。

姉妹サイト