2024年 2月 29日 (木)

自民「旧統一教会」調査、今後「実は私も...」は通用しない! 加藤浩次、そんな議員は「もうダメだよね」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   自民党はきのう8日(2022年9月)、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)やその関連団体と関係のあった党所属国会議員が179人(衆参379人)いたと公表し、そのうち121人の名前を明らかにした。名前を公表したのは「関連団体などの会費支出」「寄付やパーティー券収入」「選挙活動の支援」などのケースで、祝電送付などのケースは名前を公表しないなど濃淡が付けられた。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

「かえって傷が開くかも」?

   今回の公表について、野党側は「党として責任を持って調査したものではなく、自己申告のアンケートでまったく信用できない」と批判しているが、9日の「スッキリ」は、むしろ自民党は崖っぷちに追い詰められたのではないかという見方が強かった。

   司会の加藤浩次「自主アンケートということは、自分はしっかり調べましたということだから、今後、『実は関係がありました』というような議員はもうダメだよね。議員としてはむずしい」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「そういうことです。自主申告だから甘いということじゃなくて、後で大変なことになるよということ。関係のあった議員の9割近くが旧統一教会の関連団体だと思わなかったと回答しているということは、9割もが認識なしで関係していたということで、(これから判明する可能性もあり)これは重いですよ」

   全員の名前を公表しなかったことについても、近藤サト(フリーアナウンサー)は「地元では『うちの先生は名前出てなかったけど、大丈夫なんだろうか』と疑念が生じますよ。『私は電報を1回打ったことがあります』と、全員がきちんとすることで、疑念は解消されるのだと思いますけどねえ」と話す。

   岩田絵里奈アナ「『かえって傷が開くかもしれない』と語る自民党議員もいます」

   来週あたり、雑誌やネットメディアに「名前は出なかったけれど××議員も」という記事が続くかもしれない。

(カズキ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中