夜ドラ「あなたのブツが、ここに」 最終週も色々気になる!その見どころ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   キャバ嬢のシングルマザーがコロナ禍で宅配のドライバーに転身。逆境のなかで懸命に生きる姿を描く夜ドラ「あなたのブツが、ここに」(NHK総合)が好評だ。朝ドラ「ちむどんどん」の不人気も手伝って、こっちが朝ドラだったらよかったのに、という声もちらほら。そんな隠れた人気ドラマがいよいよ最終週に。9月29日(2022年)に最終回を迎える。

  • 夜ドラ「あなたのブツが、ここに」(C)NHK
    夜ドラ「あなたのブツが、ここに」(C)NHK
  • 夜ドラ「あなたのブツが、ここに」(C)NHK

登場人物たちに「リアリティ」

   このドラマがいいのは、コロナ禍で疲弊する私たちに寄り添うような同時代ドラマになっているところ。「コロナに負けへんで!」という主人公の亜子(仁村紗和)の逞しさにこちらも勇気づけられる。さらに、登場人物たちにちゃんとリアリティがあり、そこに生活しているように見えるのもいい。

   最終週の見どころとしては、気になるのが亜子の元夫(平埜生成)の存在だ。自分が父親であることを言わず、娘・咲妃(毎田暖乃)に近づいて仲良くなり、その後、亜子の元に金の無心にきた男。どこかで見たと思ったら「カムカムエヴリバディ」で映画村につとめていた榊原だ。ヒロインひなたの上司であんなに温厚そうないい人だったのに、こんなクズ男になるなんて! あまりのキャラの違いにすぐには気付かなかった。それはともかく、この元夫が何かもう一波乱起こしそうな展開。どうか咲妃ちゃんが傷つきませんように、と願うばかり。

   さらに、亜子に告白し、子犬のようにまとわりついていたミネケン(佐野晶哉<Aぇ! Group/関西ジャニーズJr.> )も気になる。あんなに明るかったミネケンが子どもを巻き込んだ事故を起こし、マルカ運輸を辞めてしまった。心配して会いに来てくれた亜子のことまで拒絶。闇落ちしてしまったミネケンが心配だ。

   このドラマの1番のお気に入りは、月曜日のエンディング。ウルフルズの「バカサバイバー」に合わせて、出演者たちがノリノリで踊るところが本当に楽しそうで、見ているこちらも元気を貰える。大変な世の中だけど、押しつぶされないでガンバロー、そんなふうに思えるのだ。この「バカサバイバー」、てっきりドラマのために作られた曲なのだろうと思っていたら、なんと18年も前の曲だそうで驚いた。毎回、踊ってるメンバーが少しずつ違っていて、たかがエンディングにここまで力を入れるところに、制作陣の本気が伺える。29日最終回。

(くろうさぎ)

姉妹サイト