2024年 2月 23日 (金)

アンミカ「本場・韓国より美味しい!」 激推しの「アワビ粥」とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   加藤浩次さんが「食」の話題から「人生」を深掘り、ゲストの素顔&魅力に迫る「人生最高レストラン」(TBS系)。11月5日(2022年)放送回のゲストは、アンミカさんでした。

   韓国生まれ、大阪育ちのアンミカさんのイチオシが、大阪にある韓国家庭料理のお店「福一」。韓国の中でもアンミカさんの故郷、済州島の家庭料理が楽しめます。

  • TBSサイトの「人生最高レストラン」番組ページより
    TBSサイトの「人生最高レストラン」番組ページより
  • TBSサイトの「人生最高レストラン」番組ページより

アワビの肝と米をごま油で炒め...

   お店との出会いは運命的。ある日偶然入ったお店でしたが、お店の方との会話から、アンミカさんの父が生前「大人になったら一緒にお酒を飲みに行こうな」と言い、最後まで飲みに行けなかったお店だったということが判明。その後、お店との親交が深まったそう。

   アンミカさんが本場、韓国以上の味!と豪語するのが「アワビ粥」。

   調味料に使うのは塩とごま油のみ。アワビの肝と米をごま油で炒め、水を少しずつ加えながら40分かけて炊き出して仕上げます。

   「え~、美味しそう。日本お粥と全然ちがいますね」と島崎和歌子さん。

   「韓国では、胃を養生するために食事の前後にお粥を頂くんですけど、作るのに時間がかかるので、早めに頼んでおいたほうがいいです」とアンミカさん。

   「うわ~、これは、うまいでしょう。この味を出すお店はあんまりないんですか?」と言う加藤浩次さんに「ないです!私、韓国料理店はものすごい数を行っていますけれど、本場の韓国のアワビ粥より、ここのアワビ粥の方が美味しいと思います」とアンミカさん。

   他にも、アンミカさんが韓国留学で食べた味が忘れられず、お店のメニューに加えてもらったという「カムジャタン」や、揚げ焼きにする「チヂミ」が紹介されました。

   お店の方と親しくなり、自分の食べたい料理を食べられるようにするところは、アンミカさんの人柄とパワフルさがなせる技。本場を超える味、ぜひ食べてみたいです。

(SaMi)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中