2024年 2月 26日 (月)

スペインに勝利直後の渋谷 「とんでもないことになっています」 (THE TIME,)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   裏番組でW杯「日本-スペイン戦」が生中継される中、「THE TIME,」はクイズやお天気、ニュースなど、注目の一戦などなかったかのように通常通りの進行。2日(2022年12月)朝の放送。しかし、試合終了の直前に東京タワー近くのパブリックビューイング(PV)会場から生中継。現場から篠原梨菜アナが「朝4時から盛り上がっています。現在2-1でリードしています」とリポート。

   その数分後、速報で杉山真也アナが「W杯、日本が勝利しました。スペインに2対1で、決勝トーナメント進出を決めました」と伝えた。

  • 「2点サイコー!」
    「2点サイコー!」
  • 「2点サイコー!」

「地鳴りがするほどの盛り上がりで...」

   6時の挨拶では司会の江藤愛アナは普段「今朝のお目覚め、いかがですか?」と語りかけるところを「今日は早起きしましたか? それともずーっと起きていましたか」と問いかけ、「サッカーW杯、日本がスペインに2対1で勝利し、決勝トーナメント進出を決めました。本当に熱い、熱い朝を迎えているようですが、街はどうでしょうか」と話す。これに応えて杉山アナが「街は大変なことになっています。現在の渋谷ですが、たくさんの人がスクランブル交差点に出ているようですね」と、現地リポーターを呼び出した。

   日本勝利から10分もたっていないにもかかわらず、スクランブル交差点は歓喜の人々であふれかえっていた。リポーターは「とんでもないことになっています。地鳴りがするほどの盛り上がりで、身動きが取れない状態です。警察が静止していますが、それでも止められない状況です」と、溢れかえる人の波にもみくちゃにされながら報告。

   PV会場の篠原アナが歓喜に沸くサポーターにインタビューすると「盛り上がっていま~す!」「2点サイコー!」など興奮冷めやらぬ様子で大声を上げるばかりで、インタビューにならないほど。このほか、大阪市内のPVや、サッカー好き少年のいる家庭、スペイン人の妻と暮らす夫婦の様子、さらにスペイン北部の町のスポーツバーからもその様子を伝えた。

   杉山アナは「再びドーハの歓喜。日本が決勝トーナメント進出を決めた一方、グループEのもう1試合、ドイツ-コスタリカ戦はドイツが先制、コスタリカが同点に追いついた後逆転。しかしそのあと再びドイツが同点に追いつき、さらに2点を追加して4対2で勝利。この結果、グループEは日本が勝ち点6で1位。スペインとドイツが勝ち点4でしたが、得失点差でスペインが2位、コスタリカは4位でした」と激闘のグループEの結果を伝えた。

   江藤アナは「日本はドイツとスペインに勝ったんですね。すばらしい!」とコメントした。

   番組ではこの後も、多くの時間を日本勝利と各地の歓喜の様子のニュースを繰り返し報じたが、番組後半で杉山アナが「私たちもちょうど生放送中(の試合)だったので、スタッフとちらちら情報交換をしながら、気が気じゃなかったですね」と告白。日本中が熱狂した朝の気持ちを代弁していた。

(バルバス)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中